エバーノートを公開しました。【 甲斐駒ケ岳を黒戸尾根から登る2013年、夏山登山 一般公開バージョン 】

20130809Kaikoma-100.jpg
甲斐駒に登りたいんだけどどーやっていったらいいか分かんないんだよね。
というか、調べるのメンドーなんだよね、という人のために
東京から1泊2日で甲斐駒ヶ岳へ行く行程を一般公開します。
厳密には夜行バスなので、車中泊を含む2泊3日なんですが、
金曜の夜に仕事から帰ってきて出かけるイメージなので1泊2日です。

「甲斐駒ケ岳を黒戸尾根から登る2013年、夏山登山 一般公開バージョン」

Evernote で作成したものをURL公開しました。
2013年度版なので、行くなら今年だ!!!

竹宇駒ケ岳神社から黒戸尾根ルートで甲斐駒ヶ岳に登ったGPSデータです。

地図上の★マークは七丈小屋です。
標高グラフに縦線が入っている場所も七丈小屋です。
一日目の行程はここまでです。
車中泊では十分に睡眠を取れないので、七丈小屋で思う存分昼寝しましょう。
20130809Kaikoma-101.jpg
七丈小屋からの夕焼けです。


関連記事
1.竹宇駒ケ岳神社から黒戸尾根五合目まで登山編
2.五合目から七合目・七丈小屋まで登山編
3.七丈小屋から甲斐駒ヶ岳山頂まで登山編
4. 甲斐駒ヶ岳山頂から双児山を経て北沢峠へ下山編
泊.PEAKSや山渓より詳しい七丈小屋ガイド
集.毎日あるぺん号で行く甲斐駒ヶ竹・黒戸尾根登山:竹橋集合場所情報
帰.北沢峠から広河原を通って甲府駅まで編
買:毎日新聞旅行の登山バス「まいたび.jp」の決済画面で困ったら・・・

毎日新聞旅行の登山バス「毎日あるぺん号」に乗って深田久弥ルートで甲斐駒ヶ岳に行ってきます![ The prologue of summer trekking for Mt.Komagatake.]


毎日新聞旅行の登山バスを利用して黒戸尾根から甲斐駒ケ岳山頂をめざす!
という山行を思いついたので、さっそく竹橋へ。
メトロ東西線の竹橋駅で降りて、九段下方面の出口へ。
なんと毎日新聞社は竹橋駅直結でした。
20130810kaikoma-3.jpg
地下2階から地上1階までエレベーターであがると・・・
そこはもう都会の上高地。
登山者であふれかえっていた!
20130810kaikoma-2.jpg
毎日新聞社は竹橋パレスサイドビルの中にありました。
毎日新聞旅行の受付と同じ階にマクドナルド、プロント、サンマルクカフェがあるので
待ち合わせや、バス発車時刻まで時間をつぶせそうだよ。
■マクドナルド 竹橋パレスサイドビル店 7:00AM - 10:00PM 店舗情報 Website
■PRONTO 竹橋パレスサイドビル店 7:00AM - 11:00PM 店舗情報 Website
■サンマルクカフェ 竹橋パレスサイドビル店 7:00AM - 7:00PM(10:00PM) 店舗情報 Website
同じ階にファミマもあるので、水の買い足しもできるよ。
20130810kaikoma-4.jpg
受付がはじまったら、プリントアウトしてきた紙を見せて、
乗り込むバスの名前を教えてもらいます。
20130810kaikoma-6.jpg
毎日新聞社前には各登山地へ向かうバスがいっぱい。
わたしは「銀河鉄道」って言われたのでこのバスですね。
手ブレがひどくてすんません・・・
20130810kaikoma-5.jpg
登山バス「毎日あるぺん号」八ヶ岳、芦安、甲斐駒行きです。
夜10時40分に竹橋を出発します。
20130810kaikoma-7.jpg
なかなか快適!
男性2人が並ぶと狭そうですが、女性2人だと広く感じましたよ。
グーグー眠っていると午前3時半にバスを降ろされます。
20130810kaikoma-9.jpg
午前3時半!
ねぼけまなこで「ありがとーございましたー!」と言って降り立った場所は・・・
真っ暗でした。
ヘッドランプで看板を照らして「ここドコ?」
この日、同じバスでここに降り立って、日本三大急登、標高差2200mに
挑もうとした同志は!
たった4人でした・・・。
おい、ちょっと不安になるじゃないか・・・。
20130810kaikoma-8.jpg
わたしたちがバスを降りた場所は尾白川渓谷町営無料駐車場でした。
トイレは夜でも明るくてホッとします。
でも、犬は洗わないでください、くれぐれも!
20130810kaikoma-10.jpg
暗い駐車場でおにぎりを食べながら夜明けを待ちます。
寒くはない。
2013年8月9日の山梨の日の出時刻は午前4時59分です。
薄明るくなってきたら、いよいよ黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳登山スタート!

つづく。

関連記事
1.竹宇駒ケ岳神社から黒戸尾根五合目まで登山編
2.五合目から七合目・七丈小屋まで登山編
3.七丈小屋から甲斐駒ヶ岳山頂まで登山編
4. 甲斐駒ヶ岳山頂から双児山を経て北沢峠へ下山編
泊.PEAKSや山渓より詳しい七丈小屋ガイド
集.毎日あるぺん号で行く甲斐駒ヶ竹・黒戸尾根登山:竹橋集合場所情報
帰.北沢峠から広河原を通って甲府駅まで編
買:毎日新聞旅行の登山バスを「まいたび.jp」の決済画面で困ったら・・・

Evernoteで登山計画を作ってオフラインでも閲覧できるようにする方法。[ We can use Evernote even we are at the Mountain area where isn't 3G and LTE.]

201308evernote-8_R.jpg

ガジェット大好きヤマノボリストのためのエバーノート的山登り術」です。
都会に住む(とはいっても都会とは縁遠い千葉ですけど)ヤマノボリストは、
高速バスや電車を最大限に活用して南アルプスや北アルプスにおもむかなければなりません。
なので、事前の情報収集がものすごく大切なのです。

私は行動計画表をEvernotoで作ってヤマノボリストパーティーで共有して
いざ!お山へ出かけていくのですが、
みなさんが思っている以上に山には電波がありません。
山には電波がありません!
強調しておきました。
電波があったとしてもドコモしかつながらない山小屋が依然として多いのが原状です。
ドコモ岳といっても過言ではないのです。岳(だけ)!

そこで「オフラインでエバーノートを使う」という便利な機能を使うのです。

201308evernote-1.jpg

エバーノートを開いて下に出てる★マークを上にスワイプしてみてください。
すると「ショートカット」というページが開きます。
今のところ何も入っていないので★マークの説明が表示されています。

201308evernote-2.jpg

では、オフラインでも閲覧したいページを開いてください。
ページの下に表示されている★マークをタップします。
左上の「閉じる」でいったん今ひらいているページを閉じます。
そしてもう一度さっきの中央下部にある★マークを上にスワイプしてショートカットを開くと、
ショートカットにノートが追加されました。

201308evernote-3.jpg

本当にオフラインで使えるのか試してみましょう。
iPhoneを機内モードにして、Wi-FiもOFFにして。
まずはショートカットに追加していないページを開いてみると・・・
「インターネットに接続されていません。」という悲しい表示です。
次に、★マークを上にスワイプしてショートカットからノートへアクセスすると、
はい!完全に開きますよ。読めますよ。
インターネットに接続していないのでURLをクリックすると悲しい表示が出るだけですが・・・

201308evernote-5.jpg

時刻表や地図なんかを貼り付けておけば、なかなか使えます。
高速バスや電車を駆使しなければいけないヤマノボリストは、
5分遅れるだけで2時間待つことになったり、その日のうちに帰れなかったり、
下山後も帰宅サバイバルを繰り広げなければなりません。
なので「エバーノートをオフラインで使う」という機能はありがたいのです。


この記事はiPhone版 Evernote Ver.5.4.2 (2013年8月4日更新バージョン)の
画面を使用して説明しています。
バージョンが更新されると★マークの位置などが変わることがあります。
バージョンが変わっても、おおむね★マークをタップしておけばオフラインで使うことがでます。