Tumsai Seafood でカニ料理をお腹いっぱい食べる [ Tumsai Seafood ถ้ำไทร ซีฟู๊ดส์ (สาขา 2) / Prachuap Khiri Khan ]



カニといえば「かにみそ」ですが友達が「タイのカニのたまご料理」を食べたいというもんだから、
カニの卵を食べにやってまいりました。

201911TumsaiSeafood-2.jpg

さっそくカニです。日本で言うところのワタリガニかしら?
となりにある白いソースのかかった丸い食べ物、これもまたうまいんだけどまずカニから。

201911TumsaiSeafood-4.jpg

黄色いのがかにみそでオレンジ色のがカニのたまごです。
カニのたまごはものすごーくギューっとした密度の高いネッチョリ系の食感でした。
うまい!!!というよりは珍味的なうまさです。

201911TumsaiSeafood-1.jpg

みんな大好きプーパッポンカリー(かな?)
贅沢にもドッカンドッカンとカニが入っています。
そしてブッかかってる緑色のモジャモジャ、このモジャモジャがうまい!
さきほどの白いソースがかかった丸い食べ物も、正体はこのモジャモジャです。

201911TumsaiSeafood-8.jpg

ニンジンと一緒に炒めたモジャモジャ。
ちょっとコリコリっとした食感とクセのないひたすらうまい野菜、そもそも野菜なのか?

201911TumsaiSeafood-11.jpg

タイでもこの地方でしか食べられないとのことです。
その辺に生えている草とのことです。
ためしにかじってみたら、すでに塩味でした。多肉植物なのか?

201911TumsaiSeafood-10.jpg

この湿地帯のありとあらゆる場所に、緑のモジャモジャ料理になる草が生えていました。
こんなうまい草をなぜバンコクまで運んで行って売ったり食べたりしないのかな?

201911TumsaiSeafood-5.jpg

カニ肉とエビ肉とその他シーフードがてんこ盛りのチャーハンです。
トマトが入ってるんだけど、これがまたうまいの。

201911TumsaiSeafood-7.jpg

タイの氷には真ん中に穴が空いててチクワ状になっています。
きっとこうやってストローをさして使うに違いない。

201911TumsaiSeafood-6.jpg

キスのフリッターです。日本でいうところのキスの天ぷらです。
天ぷらとなんだかちょっとちがうのは小麦粉のせいなのか、にんにくたっぷりのせいなのか。
とにかくおいしいです。

201911TumsaiSeafood-9.jpg

Tumsai Seafood [ ถ้ำไทร ซีฟู๊ดส์ (สาขา 2) ]
Wang Pong, Pran Buri District, Prachuap Khiri Khan 77120 タイ
https://www.facebook.com/pages/Tumsai-Seafood

__________ 🦀__________
スポンサーサイト