袋田の滝へ行ってまいりました。カメラもiPhoneも持たず、まるごしで有名観光地に乗り込んでしまった話



前日の記事から写真左上のケラレと写真の比率がいつもと違うことに気がついてくれた人には、
おいしいクッキーをプレゼントしましょう、ありがとう。
さて、突然の「袋田の滝」です。
数日前から彼氏が琵琶湖へ旅立ってしまい、連休を持て余しているだろうと考えた彼氏の父上と母上。
お休みだ〜と油断しまくって眠っていたわたしは朝8時半に叩き起こされ、
家から2時間半ほどのドライブで袋田の滝まで連行されたわけです。
突然の袋田の滝だったため、なんの用意もなく、自分のアイフォーンも忘れ、
完全なる丸腰で奥久慈までやってまいりました。

201910FukurodaWaterfall-2.jpg

なので袋田の滝の思い出はすべて母上のらくらくフォンにて撮影されております。
ピンクの手帳型ケースがついているため、ピンクケラレが多発しています。
(手帳型ケースは使ったことないから、こんなことになるって知らんかったわ)

201910FukurodaWaterfall-3.jpg

9月も末だというのに日中の気温は33度ほどにもなり、滝のそばが気持ちいい。
マイナスイオンを大量に摂取します。

201910FukurodaWaterfall-5.jpg

エレベーターに持って第二観瀑台へ。
さっきの第一観瀑台からはビル10階分ものぼっているんですって。
さ、滝を覗き込んで見ると・・・

201910FukurodaWaterfall-4.jpg

遠い・・・滝が遠くて小さいよ・・・
第一観瀑台から見上げたときの圧倒的な滝感や音の感動が全くないよ・・・
滝はやっぱり近けりゃ近い方がいいな。

201910FukurodaWaterfall-6.jpg

滝を堪能した後はあゆの塩焼きをいただきました。
おいしかった〜しかし鮎400円、子持ち鮎500円というのを食べ終わってから知って、
くそう・・・100円出して子持ち鮎が食べたかったぜ、と3人で悔しがりました。

201910FukurodaWaterfall-7.jpg

道中の盆栽屋さんの店番が可愛いねこです。

201910FukurodaWaterfall-8.jpg

ネコパンチがとぶそうです。
おみやげ屋さんや小川を眺めながら歩く駐車場までの帰り道で、
やっぱり3人で1本あのでかい味噌団子をシェアして食べよう!とそば道場まで我慢できずに食べる。
外で食べるものってなんでも3割り増しで美味いのはなんでだろうねー?

201910FukurodaWaterfall-12.jpg

JAの産地直送市場にのみこまれたファミリーマートです。
ちょうど袋田の滝からそば道場へ向かう道中にありました。

201910FukurodaWaterfall-9.jpg

ファミマで売ってる大子のりんご(韻を踏んでいる)
そう、このファミリーマートはJAに飲み込まれたことによって産直っぽく進化していたのだ。

201910FukurodaWaterfall-10.jpg

通常のファミリーマートゾーンに加え、大子の特産品や地場産の野菜や肉を豊富に取り揃え中!
しゃも肉のやきとり、高くて買えんかった者も肉の焼き鳥、食べてみたかったなぁ〜
以上、ピンクケラレの理由とたのしい袋田の滝へのファミリードライブでした。

__________ 🚗__________
スポンサーサイト