東京屋形船「あみ春」の2時間お台場クルーズ・響コースで東京の夜景とおいしい天ぷらを堪能した夜のこと



時は時代が平成から令和へ変わった5月末の頃のお話です。
個人的には令和になろうが平成が続こうが宇宙の膨張するスピードがなんら変わらないように、
わたしの日常だって変わることは何にもないというよりは、
「元号が変わりました」と浮つくゲスな世界がウザいなーくらいにしか思っていませんでしたが、
楽しいことが降ってくるなら大賛成だ!
なんだか会社で令和記念パーリーやる流れになって、屋形船です。

201910Yakatabune_Amiharyu-2.jpg

屋形船初乗船でウッキウキです。
こんなだったら、毎日元号変わってくれてもいいヨ。
屋形船「あみ春」のスタッフにあたたかく迎えられて乗り込みます!

201910Yakatabune_Amiharyu-3.jpg

はい、救命胴衣の確認、オッケーです!

201910Yakatabune_Amiharyu-4.jpg

船に乗り込んだらいよいよ2時間のクルーズの始まり始まり〜。
前菜をつまみながらカンパーイ!

201910Yakatabune_Amiharyu-5.jpg

船 on the 船!
屋形船の中で船盛りをいただきます。

201910Yakatabune_Amiharyu-6.jpg

午後7時に浅草橋の桟橋を出発したあみ春号。
進攻方向の左右に見えるものをガイドされつつどんどん海の方へ向かいます。

201910Yakatabune_Amiharyu-7.jpg

写真ブレブレか!
船の横に大きく波立っているのがわかるでしょうか?
屋形船は想像以上のスピードでグイグイと進んでゆきます。

201910Yakatabune_Amiharyu-8.jpg

対岸に見える明るい新しい建物が「新しい築地」です。
築地市場ではないのに築地と呼んでしまう移転した後の築地、いわゆる豊洲市場です。

201910Yakatabune_Amiharyu-9.jpg

ガイドをしていたあみ春の方が「天ぷらを用意しますので!」と厨房に消えてからしばらくして、
おいしそうな天ぷらが運ばれてきましたよ。
ガイドも厨房も全部やるのか!すごいな。
というか、けっこうなスピードで進む屋形船の厨房で天ぷらとは・・・なかなかハイスキル!
船がザッパンザッパンなったら、天ぷら鍋の油だってザッパンザッパンなるんじゃないのか?!

201910Yakatabune_Amiharyu-11.jpg

レインボーブリッジはいつみても緑色。レインボーではないのか?
東京タワーも見えて最高ですねー!

201910Yakatabune_Amiharyu-10.jpg

お台場の夜景が見えると一同、窓際に移動!

201910Yakatabune_Amiharyu-12.jpg

お台場まで来ると、ほかの屋形船もいっぱい停泊していました。
ここでイカリを下ろしてしばらく景色と天ぷらを楽しむお時間です。

201910Yakatabune_Amiharyu-13.jpg

停泊中は船の屋上テラスにのぼることができました。
小雨が降っていましたが、解放されれば1回はのぼっとくでしょ!見とくでしょ!

201910Yakatabune_Amiharyu-14.jpg

でっかい保温ジャーにごはんがたっぷり入っています。
ごはんは食べ放題だそうです。
ここで穴子の天ぷらが出てきたので、天丼にすることを思いつきました。

201910Yakatabune_Amiharyu-15.jpg

あなご天丼完成!しじみの味噌汁も出てきて肝臓に優しい心配りですね。
瓶ビールも生ビールサーバーのビールも飲み放題でした。
ちょうどお花見と花火大会で混雑するシーズンの真ん中の閑散期だったため15名で貸切にしていただけました。
人生初の屋形船!ゆらゆら揺れる船内でのおいしいお料理と案内付きのクルーズは、
通常の飲み会とは違って、観光要素の入ったとても楽しい2時間でした。

201910Yakatabune_Amiharyu-16.jpg

東京屋形船 あみ春
http://www.amiharu.jp/


__________ 🌊🚤🌊__________
スポンサーサイト