草加でハンドパンを叩きながら、三毳フライデーナイトフィーバーで聞いたあのハンドパンの音色を思い出していた1年越しのハンドパンのはなし



それは去年の11月下旬ごろのことでした。
友達に誘われてでかけた「三毳フライデーナイトフィーバー」です。
すごく、すごく寒かったなぁ〜11月下旬ってあんなに寒いんだっけかなぁ〜

201910handpan-1.jpg

三毳フライデーナイトフィーバーで見たこともない楽器を演奏している女性がいました。
あぁ、トルコ行ったことないけどトルコとかモロッコとかそんなコがつく国っぽい音楽です。
そして、このあと、人生初めてのハンドパンなるものの音を聞くのですが、
寒さのあまりポッケから手を出すことをわすれ目を閉じてハンドパンの音を堪能したわけです。

201910handpan-7.jpg

そしてハンドパンのことを忘れて1年ほど経ったついこないだ、
草加の「Cafe&Gallaryのんの」でハンドパン体験教室が開催されることを知りました。
叩いてみたい!ハンドパン!

201910handpan-3.jpg

ってことで、ハンドパン体験教室に参加してみました。
500円の体験ってことで10分ほど叩かせてもらえるのかな?と思いきや、
ずいぶんみっちりと2時間弱、ハンドパンを楽しませてもらえました。

201910handpan-4.jpg

↑手のひらの緊張っぷりがスゴイ・・・
ハンドパンはびっくりするほど、軽くポンッて感じで叩くのです。
叩けば音が出るもんだと思っていたら大間違い!あまりの音のでなさに心が折れそうでした。

習ったことは、
向かって一番上(自分から遠いところ)が一番高い音、手前が低い音。
となりあう2つの音は和音になっている。
なので、とりあえずリズムに合わせて隣り合う音どうしを叩いておけばそれっぽく聞こえる。
真ん中を使ってベースのリズムを刻む。
まずは右手でベースの音を、左手でメロディーを叩いてみる。

201910handpan-6.jpg

ハンドパンを心ゆくまで叩いたら、せっかくカフェにきましたので何か飲んでいよう。
というか、ちょっと休もう、けっこう頑張ったよわたし。

201910handpan-5.jpg

お抹茶(お菓子つき)350円なり。
ひさびさに、点ててもらった濃い抹茶をいただきました。おいしかったです。

201910handpan-8.jpg

そして帰ってくるなりハンドパンの優しい音の酔いしれるアイチューンズ編です。
はい、影響されやすい人、手を上げて(サッ!)

201910handpan-9.jpg

三毳フライデーナイトフィーバーで11月のあの夜にハンドパンを叩いていたのは、
レオ・マツモトさんだったのですね、CDのジャケもヤバイがCDそのもののデザインもいい。
しかしですよ、アイチューンズから流れるハンドパンも良いのですが、やっぱり生音が聞きたいです。
しかも野外の広い場所でマイクを通した音じゃなく、
ハンドパンの音色が直で鼓膜を揺らすような狭めのハコんなかで聴きたいです。

__________ 🌳__________

ハンドパンは裏に穴が空いてて、音が反響するようになっていましたが、
そもそもどーやって音階を作っていくのか、なんで平らになっている部分を叩くと音が響くのか、
せび、THE MAKING|サイエンス チャンネル で「ハンドパンができるまで」をやって欲しいです!
参照:THE MAKING|サイエンス チャンネル
スポンサーサイト