チャチューンサオの「ปากหม้อเจ๊โบ้ บ้านเลขที่ ๕ 」で透明な餃子っぽい形のとてもうまい何かを、すごく旨いスープに大量投入して食べた話。

201905Pakmo_j_bo_No5-2.jpg

ゆで卵寺(ワット ソートーン ウォラウィハーン)にお参りをした足でこちらにやってきました。
なんでも「ここでしか食べられないおいしいダンプリングがある」とのことです。
そこにはおばちゃんを囲んで座るお客の姿が。

201905Pakmo_j_bo_No5-3.jpg

席についてまずは「基本のお皿」を注文します。
肉団子だったり、魚団子だったり、鳥の足(そのまんま)だったり、瓜などが入ったスープです。
このスープだけ飲んでも「うめぇ!」とデカイ声の日本語で言ってしまうほどに旨いです。

201905Pakmo_j_bo_No5-5.jpg

「基本の皿」におばちゃんが作ったダンプリングが投入されて完成です。
では、どーやって完成するのか順を追って見ていきましょう。
まずはダンプリングを焼きます。

201905Pakmo_j_bo_No5-7.jpg

みんなの視線を一気に集めて、おばちゃんが焼き焼きしています。

201905Pakmo_j_bo_No5-8.jpg

できあがったダンプリングをヘラの上に乗せて・・・

201905Pakmo_j_bo_No5-9.jpg

はい、投入ッ!
「基本の皿」へ出来立てホヤホヤダンプリングをどんどん投入!!!

201905Pakmo_j_bo_No5-10.jpg

こんな感じで、どんどんできあがったダンプリングが投入されてくるのです。
1回に1個しか焼き上がらないので、それはそれは何度も何度も投入されます。
基本は7〜8個ですが、追加注文でどんどん焼き入れてもらえます。

201905Pakmo_j_bo_No5-4.jpg

タイの調味料セットでスープに甘辛い味をつけたらできあがり!

201905Pakmo_j_bo_No5-6.jpg

なんて旨い食べ物なのだ!!!
半透明のダンプリングのトロッとしたなんともいえない旨さ。
果てしなく美味しいこのスープとか、もう一生食べていたいってくらい美味しかったです。

201905Pakmo_j_bo_No5-11.jpg

ปากหม้อเจ๊โบ้ บ้านเลขที่ ๕ [ Pakmo j bo No.5 ]
※大量のタイ人アカウントのSNSや公式フェイスブックでお店のおばちゃんのお顔が
拝見できる状態にあったため、本ブログでもネコアシをつけておりません。
ปากหม้อเจ๊โบ้ บ้านเลขที่ ๕ on Facebook

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*:.。. .。.:*
スポンサーサイト