スワンナプーム空港の近くにあるPAR PAO RESTAUTANTでタイの伝統料理を食べる。



タイの伝統的なお料理を提供してくれるレストランに来ています。
PAR PAO RESTAURANT です。
そこで深く考えたのです、日本の伝統的な料理のレストランって何を出すのだろう?

201905PAR_PAO_RESTAURANT-1.jpg

グリーンカーテンがグリーンカーテンすぎる外席も魅力的ですが、
外気温が38℃もあっては料理の味なんて大概しかわからなくなってしまうので店内へ・・・

201905PAR_PAO_RESTAURANT-5.jpg

まだ日本のオリジナル伝統料理とは?の問いに答えを出せないまま、メニューを開いてみる。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-4.jpg

200バーツは約700円です。
タイへ行けば物価は日本の1/5だなんて言われていたのは20年も前の話です。
いまどきは、大学生のグループなんかがこんくらいの価格帯のレストランでランチします。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-3.jpg

ひととおり注文したら店内を徘徊開始!

201905PAR_PAO_RESTAURANT-2.jpg

わたしの好物のカリカリ豚とローストダックです、おいしそうですね〜

201905PAR_PAO_RESTAURANT-14.jpg

エビとの会話。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-9.jpg

パッションフルーツのスムージで乾杯してランチスタートです。
辛くしていないソムタム、おいしいです。
レモンのスムージーが他のスムージよりも高価な理由をききました。
タイではレモンは輸入品のため高価なのだとか。
日本もレモンのほとんどが輸入だが安価で、逆にライムは高価です。
タイではライムはかけ放題!ってほどに安価でなんにでも生ライムがついて来ます。
絶対育つだろタイでレモン!

201905PAR_PAO_RESTAURANT-10.jpg

酢豚にパイナップル入れるかどうか論争ですが、トムヤム風スープにパイナップルが入っています。
酢豚パイン論争に違い話し合いが行われそうな味でした。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-6.jpg

ローストダックは柔らかくて美味しい、どこで食べても柔らかくて美味しい。
タイではローストダックを外してはいけません、絶対食べましょう。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-7.jpg

日本のさつま揚げのようなものも、タイの食卓によくのぼります。
極力混ぜ物が少ない魚の練り物は本当にうまいです。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-8.jpg

揚げた鶏、おいしいよ!と言われてパリパリぽりぽり食べていた時に、
突然タイ人友達が「カエルをたべたことはあるか?」と聞いてきたのです。
「あるよー、日本の川魚の定食屋さんでカエルの唐揚げ食べたよ〜」と答えて気がつきました。
これはカエルだ!
鶏にしちゃ小骨が多すぎるこの唐揚げは、まさにカエル!
本当に小骨が多くて食べるのが厄介だけどカエルも美味しいです。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-11.jpg

日本の伝統料理が何か?というのがわからないままタイ料理を満喫しましたごちそうさま。
タイのたこ焼きには「イカ」が入っていると言うじゃありませんか!
それは大間違いなので「次回は日本の我が家でたこ焼きを一緒に作ろう!」と約束して解散です。

201905PAR_PAO_RESTAURANT-13.jpg

20, 9 Lat Krabang Rd, Khwaeng Lat Krabang,
Khet Lat Krabang, Krung Thep Maha Nakhon 10520 タイ

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。


スポンサーサイト