おてだまをつくる。お手玉を作りながら4次元について考える。お手玉を作りながら神になる。

201905OTEDAMA-12.jpg

話せば長くなるんだけど、あれは去年の11月だか12月だかのことで・・・
え?きかない?あ、そう。
つまり、お手玉を作るんです。早い話が。



友達の家に遊びに行ったら、生地屋さんに行こうって言われたのでついていきます。
そしてわたしも調子こいて生地を買ってしまったわけです。

201905OTEDAMA-2.jpg

「きょうは作るまで帰らせない!」と言われたのに、
生地を切り終わるまでにすでに2時間かかっています。

201905OTEDAMA-3.jpg

そこからさらに糸を針穴に通すのに1時間ほどかかりまして、
縫いはじめた頃にはもう夕日がまぶしいだなんて。

201905OTEDAMA-4.jpg

けっきょく、ここまでしかできなかった1日目。
作ってみればわかるよ、2次元や3次元だけを理解してても作れないんだよコレは!
日本お手玉協会推奨のお手玉は、
フォーディメンションを脳の中で反芻しながらじゃなきゃ作れないからな!

201905OTEDAMA-5.jpg

あの日からはや30日以上経ったであろうか・・・
やばいぞ、こんどはコズちゃんが遊びに来ちゃう、お手玉できてないのバレちゃう。
というわけで、大急ぎでお手玉作成再開です。

201905OTEDAMA-6.jpg

だいたいこんなんだった。
だいじょうぶ、今日のわたしは4次元を理解してる、多分。

201905OTEDAMA-7.jpg

21世紀なのに、なぜミシン糸のとおしかたはこんなにも複雑なのだろう?
いや、わたしのミシンが古いからなのだろうか?
そもそも1枚の布切れから立体物を作るだなんて、神なのか?わたしは神なのか?

201905OTEDAMA-10.jpg

とかアホなことを想像しながら作っているから、裏と表がいっしょくたですよ。
これはですね、裏も表もないフォーディメンションをもはやわたし自身が自在に繰りd(ry
はい、やりなおし。

201905OTEDAMA-8.jpg

この場合、裏面は全て裏面であることが正しい
裏面があっての表であり、表があるから裏があるのだとか、
ちょっとまて、そんなこと言ってたら調子にのって語り始めるぞ、
速度のあっち側を見た話だとかを。

201905OTEDAMA-9.jpg

いっこ、どーやったって間違ってるのがあったんだけど、もう直しようがない。
神様は飽きたのです、創造することに。
とかテキトーなことを言ってお手玉作り終了です。

201905OTEDAMA-11.jpg

お手玉できました!
ジャグリングはまだできません。
以上!


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
スポンサーサイト