ジビエキッチン・コガモの煮込みシチュー [ Gibier Kitchen : I cooked the Duck and vegetable stew. ]



今シーズンもいただいていますカモ鴨かも!
弾を500発買ったら、カモも付いてきた!みたいな流れで。
さっそく精肉開始。

201901gibier_cooking-2.jpg

パパッと手ぎわよくやったように見せかけて2時間ほどかかっております。
鳥の羽はふわふわと飛んでやっかいですよ〜
骨は出汁をとって鍋にするのが最高にうまいのですが、肉はどうしよう・・・
市販の合鴨の肉と違って、北から渡ってきた鴨の肉は脂肪がなくて筋肉質なんですよね・・・

201901gibier_cooking-3.jpg

茶色いシチューをつくってみます。
まず香ばしく表面を焼きます。

201901gibier_cooking-4.jpg

赤ワインとローリエで煮る、煮まくる。
贅沢に赤ワイン500ccほどだくだく注いで煮まくる。

201901gibier_cooking-5.jpg

贅沢にと言ってみたがメルシャンの500円ほどのやつでした。
今時のメルシャンはプラスチックボトルでした。
しかもリサイクルしやすいようにラベルがきれいにはがせます。
ちょっと、、、こんなにきれいに剥がれるステッカーって質がいいし高いのよと言わずにはいられない(w

201901gibier_cooking-6.jpg

鴨シチューに入れるハインツのデミグラスソース缶を買いに来ました。
ひたち野うしくの西友はまるで外国です。
あ〜、あったわあったわこーゆー感じ、タイのBigCとか台北のカルフールとかこんな感じ。
行けばわかるんで、行ってみてください、ぜひとも。

201901gibier_cooking-7.jpg

煮込んで煮込んでできあがった鴨シチューです。
おいしかったですよ、鴨肉の部分以外は。
なんだろう・・・この鴨肉のパサパサ感・・・
すべてをスープの部分に吐き出したヌケガラ的なスッカスカの肉でした。
料理の仕方のせいなのか、こーゆーものなのか。

201901gibier_cooking-8.jpg

しかし、シチューの部分はおいしかったので◎としましょう。ごちそうさま。

・コガモ2羽分の肉
・ハインツデミグラスソース缶1つ
・赤ワイン500cc
・ローリエ
・塩、コショウ
・にんじん、じゃがいも、たまねぎ
・適量の水


ジビエキッチン・イノシシ肉でジャマイカ味のジャークイノシシ
ジビエキッチン・キジバトの照り焼きと鳩汁うどん
ジビエキッチン・貴重な鹿の生肉で作る鹿ハムと干し肉とただの焼肉
ジビエキッチン・鹿のモモ肉でつくるシチューとタタキ
ジビエキッチン・岩手のヤマドリで作る煮込みうどん
ジビエキッチン・熊肉をトマトで煮込んだクマ肉トマトシチュー
徳島の大久保鍛冶屋さんの「イノシシの皮剥き」

スポンサーサイト