《 猟銃所持許可証をもらうまで 》其の参:成田射撃場での教習射撃本番当日のこと

2018way_to_the_shooter-29.jpg

6月23日、いよいよ教習射撃の当日です。
キンチョーのあまりお腹をくだしてしまった小心者のわたしです。

2018way_to_the_shooter-23.jpg

日本のシューティングレンジに初めてやってまいりました。
ドキドキのあまり手が震えています。

2018way_to_the_shooter-24.jpg

受付を済ませて食堂で待ちます。今日は4人で射撃教習を行うのだそうです。

2018way_to_the_shooter-25.jpg

いよいよ座学が始まります。
散弾実包75発と教本を持って教室へ行くと机の上に銃が置かれていました。
うわぁ〜銃だよ、銃があるよ、どうしよう・・・(すでに撃ちに来たことを忘れている)

2018way_to_the_shooter-27.jpg

教室の壁にはマイナス査定になる行動などが書かれています。
そんなもん読んでる余裕はないです、緊張性のウンコが止まりません。

2018way_to_the_shooter-26.jpg

こともあろうか、緊張性のウンコが止まらないのに昼にカレー食うとか、どんなんやねん!
午前中で終わったよ、という話も聞きますがわたしの教習射撃はランチを挟んで午後から実射でした。

2018way_to_the_shooter-28.jpg

辛かった、銃は重いし、衝撃は全くうまく逃がせないし、もちろんクレーは割れないし。
それでも、マグレ当たりして割れたクレーが数枚。
安全確認はしっかりとやって無事合格しましたがヘトヘトでした。
50発の練習の後に25発のテスト・・・人生で初めて撃つ散弾銃なのに75発も!
そりゃ、ヘトヘトにもなります。
こんなんで銃なんか持って大丈夫じゃないんじゃなかろうか???と誰もが思いますが、
あっという間に200発撃ってもたんねーな!ってなるので、
心配はお財布の中身だけでダイジョーブですよ、マジで。

2018way_to_the_shooter-30.jpg

無事、教習終了証書をいただきました。
射撃教習は36130円でした。
不合格になりたくない理由はこの金額かもしれません(笑
初心者講習会6800円、資格認定申請8900円、火薬譲受許可書2400円、そして射撃教習。
ここまでにかかったコストは54230円+住民票や健康診断書の手数料です。
なかなかです。
そんななかなかなものをもう一回揃えていよいよ銃の所持許可申請書をだしますよ〜。
つづく。
スポンサーサイト