オーガニックてなんやねん!有機ってなんやねん!自然派食品ってなんやねーん!とりあえず試食、実食、百聞は一見にしかずデス。


パタゴニア プロビジョンズっていうパタゴニアの食品があります。
全面的にオーガニックなその食品はパッケージからして、
ぜーんぜんうまそうに見えないのですが、実際はどうなんだろう?
201810patagonia_provisions-5.jpg
有機とうもろこし、有機にんにく、有機玉ねぎ、有機トマト、有機クミン・・・
有機有機有機有機ってぇ!
なんだよ、有機ってカラダに超悪そうじゃないか!
どーゆーイメージなワケ?有機って言ったら有機溶剤くらいしか思いつかんだろ!てやんでぇ!
201810patagonia_provisions-2.jpg
百聞は一見にしかずってことで食べてみましょう。
おぉーなんだか大昔に流行ったポプリみたいじゃないか。
201810patagonia_provisions-13.jpg
見た目のおいしくなさそうな感じもオーガニックの大切な要素です。
あ、ベーコン入れました・・・あまりにも穀物ばっかりだったので・・・
201810patagonia_provisions-14.jpg
パルミジャーノレッジャーノをぶっかけていただきました。
うん、旨くもなければ、期待したほど不味くもない、というか期待よりウマイです。
あくまでも「期待よりウマイ」という範囲の中に収まります。ごちそうサマ。

ひきつづきましてこちら、意識高そうなペンネでございます。
201810Buckwheat_flour_Penne-1.jpg
信州のお土産にいただきました。
ソバのまんまじゃダメだったのか?なぜペンネにしてしまったのだ!
と言いたい気持ちはいったん横っちょのほうに置いといて・・・
201810Buckwheat_flour_Penne-4.jpg
なんとー!北イタリアにそば粉パスタがあるらしいじゃないかー!ある意味ホンモノ。
しかも蕎麦といえば戸隠。
戸隠の水で練り上げただなんて、食べる前からウマイに違いないネ。
201810Buckwheat_flour_Penne-3.jpg
前日にオリーブオイルを湯水のように使って作ったアヒージョの残り油に、
角切りベーコンとヒラタケをブチ込んでアルデンテ〜に茹で上げたペンネを投下!
うまくないワケがないのです。
噛み締めるとそばの風味をじんわーりと味わえるこのそば粉ペンネはアリです。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト