トップウォーター10日目、東の聖地、霞ガウラに繰り出します。


はじめてベイトリールを触ったのが去年の9月14日でした。
そこから、自分の釣り道具を揃えてトッパーになる日が来るなんて思ってもいませんでしたが、
めでたく2年目を迎えたわけでございます。
201808surface_day10-1.jpg
そんな2年生1日目の釣行は雨でした。
ザブザブ降ってるわけじゃないし、寒いわけでもないし、いざ出航。
201808surface_day10-2.jpg
はじめての霞ガウラです。
ひろーい、でかーい。
なんて感嘆しておりましたら、
「うしろつかえてんだから、さっさと投げて進んでって」
って言われたらもう、なげる場所も、なげる仕草も、とっちらかってグチャグチャ。
そうかコレは楽しい釣りデートなんかじゃなくて、修行、もしくは戦い。
楽しく釣りをするには、追いつかれないくらいの距離を取るしかあるまい!
201808surface_day10-3.jpg
こないだトッパーの先生がオカッパリでブラックバスを誘い出した黒ハイボルテイジルワァです。
ゲンの良いこのルアーを投げていたら・・・
「2年生だから言うけど、それ、ドッグウォークさせて」
というお言葉が先生の口からつめたーく放たれて、もう霞ガウラに身投げしたくなりました。
201808surface_day10-5.jpg
ただ巻きしていいのは前後にペラがついているやつだけなんですって、知ってました?奥さん。
わたしは2年生1回目の釣行で初めて知りましたよ。
ペラついてたら、グールグル巻いてりゃいいと思ってましたよ、ハイ、ごめんなさいね(棒読み)
201808surface_day10-4.jpg
ちなみに昨日買ったネズミはペンシルベイト。
どっからみても正真正銘のペンシルです。
でっかいペンシルはドッグウォークさせやすい!という自論を粉々にしてくれるほどに、
このネズミは難しかったんですよ、わたしには。
でも、言っとくけどね、ドッグウォークがうまいからって釣れるとは限らないのよ。
・・・できないよりはデキた方が7倍嬉しいけどさ。
201808surface_day10-6.jpg
雨足が強すぎると見えないんだけど、強くなるちょっと手前くらいのときに、
水面全体に星がキラキラするような本当に綺麗な模様ができるのね、
それを見れただけでもラッキーって思います。
負け惜しみじゃなくって、本当に、だってさ、カヤックに乗って霞ガウラの真ん中で
雨に打たれてないと見れないんだよ、そりゃもうラッキーの一言に尽きるでしょ。
201808surface_day10-8.jpg
うしろにペラがついてるルアーはドッグウォークさせて使う。
2年生1回目の釣行、異常ナシ。
トップウォーター10日目を終えたところで、実に分かりやく興味深い話を聞きました。
その話はまた後日・・・
つづく。
スポンサーサイト