木を焼いて削って洗って黒く加工する方法を学びます。


きょう、わたしに与えられたミッションはコレです。
白い板を焼くこと。まんべんなく焼くこと。でも板の表面だけね。
では、作業開始!
201809Handmade_craft-2.jpg
板を並べて隣へ隣へと焼いていきます。
ガス缶が冷えてバーナーの出力が落ちたらバーナーをチェンジして。
豪華にトーチバーナー2台使いでモリモリ作業しましょう。
201809Handmade_craft-14.jpg
ひとまわり分、終了・・・
コレは容易ではないぞ!
まだ進捗率が20%程度なのに、だいぶ辛いし飽きてきたぞ、どーするワタシ!?
201809Handmade_craft-4.jpg
しかもトーチバーナー2台使いなのに、ガス缶冷え冷えすぎて役に立たない。
ここでガス缶のおかわりが入ります。
トーチバーナー2台、ガス缶4本のローテーションで第二ステージに挑みましょう。
201809Handmade_craft-5.jpg
板の広い面は焼きやすいのですが、側面が焼きにくいいだってば。
なので側面をまとめて広い面として焼いてみましょう。
(隙間に炎が回って本格的に板が燃え始めました、消火!消火!)
201809Handmade_craft-6.jpg
板を全部焼き終わる頃にはシンデレラ!
灰かぶりオバサンの誕生でございます。軍手の跡がくっきり。
201809Handmade_craft-7.jpg
板を焼き終えたことを工房のボスへ報告すると、
ワイヤーブラシを探しておくようにとのことだったので探しておきました。
201809Handmade_craft-8.jpg
ボスが工房に帰ってきて焼いた板をブラッシングしはじめました。
焼け焦げた部分をブラシでこすって落とすのだそうです。
201809Handmade_craft-9.jpg
この作業は板を焼く作業よりも7割り増しでススだらけになります。
ススに咳こみながら丹念に板をブラッシングしました。
201809Handmade_craft-11.jpg
なんと、ブラッシングし終わった板と一緒に入浴タイム♡
ここでさらに湯でながしながら亀の子タワシでこすり洗いをします。
201809Handmade_craft-10.jpg
扇風機で乾燥中。
白く塗装されていた板はすっかり真っ黒になりました。
201809Handmade_craft-12.jpg
乾燥を終えた板は、こんなに感じのいい棚になりました。
この製法をなんというかは知りませんが、ボス曰く「安くて雰囲気のいい板ができる」そうです。
201809Handmade_craft-13.jpg
合板じゃない木の板っていいよね。
今回は木を焼いてブラッシングして洗って黒く加工する製法を学びました。おしまい。
スポンサーサイト