新大久保駅の左側エリアでネパール成分を補給する休日 in ナングロガル・ネパール料理レストラン


わたしたちは日本の中の小ネパールである新大久保に集まって、
定期的にネパールの成分を補給しないと生きていけない部類の生物です。
はい、しゅーごー!
201809NangloGhar-12.jpg
新大久保駅の左側のエリアの「ナングロガル」にやってきました。
ちなみに右側エリアは言わずもがなのコリアンエリアです。
左側と右側の密度が明らかに違うのは行けば体感できますが、わたしは左側派です。
201809NangloGhar-1
ネパールといえばネパールモモです。
蒸しモモとスープモモはメニュー表を開く前にオーダーするべき!といっても過言ではないです。
201809NangloGhar-2.jpg
「ネパールのおいしいご飯のブランド」という謎の翻訳がくっ付いていますが、
そうだね、きょうは4人居るから小料理の他にこれもワンプレート食べましょう。
201809NangloGhar-5.jpg
パニプリが自分で作るタイプのやつでした。
コレは楽しい!
201809NangloGhar-6.jpg
ボールクラッカーの上を少し砕いて、じゃがいもと豆の茶色いやつを詰めてスープを入れて食べます。
かたくてなかなか砕けなくて苦戦!笑
201809NangloGhar-9.jpg
バラは玉子入りのやつが好きです。
バラは豆のパンケーキのことです。
バラにスープが付いてるのは初めて見ました。ダンクして食べました。
201809NangloGhar-7.jpg
タカリスペシャルはマトンとポークをオーダーしたんだけども、チキンとポークだったね。
うまいからどっちでもいいけど↓小皿に自分用をとりわける、バエるように!
201809NangloGhar-8.jpg
豆のせんべいがパリパリとアクセントになって旨いんだ〜。
ナングロガルの料理は塩が控えめ(現地の料理よりは)でおいしいですよ〜。
201809NangloGhar-10.jpg
お待ちかねのスチームモモ。
おいしいです。マトンくささがちょっと足りないけど!笑
201809NangloGhar-11.jpg
スープモモのスパイスの海で溺れたい、うまい。
ネパールに行こう、来年は絶対に!という決意を固めてモモを噛みしめました。
201809NangloGhar-13.jpg
モモのテイクアウトもできます。
作りたてが一番ウマイのは承知の上ですが、どんだけでも食べたいのです。
201809NangloGhar-3.jpg
ナングロガル (Nanglo Ghar)
東京都新宿区百人町1-17-10 常陽第2ビル 3F・4F
TEL:050-5590-8426
スポンサーサイト