トッパーとはフネに乗るものナリ!と誰が言ったかは知らんがカヤックを買ったので進水式をした話。[ We held a launching ceremony for my new kayak that name's " มะม่วง ". ]

201805_Launching_ceremony-2.jpg
進水式の話でもしましょうか。
いったん大海原に出たら人生(船の人生?船生?)の中で数えるほどしか
ドックに帰ることのない大きな船と違って、毎回陸にあがるカヤックに進水式は必要なのか?
ま、ま、セレモニーですから。
201805_Launching_ceremony-1.jpg
だって、人生で初めて船を買ったんですもん。
そりゃアガるでしょ、今から漕いできます、このでっかい鰹節。
201805_Launching_ceremony-8.jpg
そもそもは海に生贄の人間を捧げていたのだとか・・・
それが転じて赤ワイン(滴る鮮血の赤色)を船にぶつけて割るスタイルになったそうですよ。
ならば、わたしはミドリの血で祝おうじゃないか。
201805_Launching_ceremony-3.jpg
進水式といえば命名ですね。
ジャックスパロウのフライング・ダッチマン号をずーっと「ダッチマンゴー」と聞き間違えて、
パイレーツ・オブ・カリビアンを見るたびにマンゴー食いたくなったでしょ?
わたしだけですか?
なのでこの船はマムワンと命名します。
201805_Launching_ceremony-12.jpg
ひと漕ぎしてきたら、みんなで祝杯をあげましょう。
というかね、なんだか美味しいものをご馳走してくれるらしいですよ。
201805_Launching_ceremony-5.jpg
タープの下にコーヒーセットがあって、
ホットサンドメーカーがあって、
カヤックとシブいグリップとリールとロッドとお気に入りのルアーがあれば、
ここをヘヴンと呼ばずになんと?
201805_Launching_ceremony-6.jpg
も〜なんだか二人ともよそ見しちゃってるから、
今のうちにホットサンド盗って喰っちゃえぃ!
201805_Launching_ceremony-11.jpg
食後、バードコールを作るという突然の工作教室。
バードコールを鳴らすと、周辺の鳥がめちゃくちゃ反応してて一同沸き立つ。
201805_Launching_ceremony-4.jpg
ひとしきり食って遊んだら再び漕ぎ出しドッグウォークの特訓だよ。
人生においてのペンシルベイト論を振りかざしつつ、
ペンシルベイトを自由自在に操れないトップウォーター1年生。
201805_Launching_ceremony-9.jpg
森にうまい具合に溶け込むスタイルです。
201805_Launching_ceremony-7.jpg
森に溶け込んでる場合やなかった!
ここにはスモールマウスバスが居るんだそうですよ、釣れたんですってよ!
わたしも釣ってみたいです。
201805_Launching_ceremony-10.jpg
4度目のトップウォーターフィッショング、未だ釣果ゼロ、異常なし。
4度目にして自分の船を漕ぎ出しました。
(もう、あとにはひけねぇぞ)
スポンサーサイト