囲炉裏のそばでこころを洗って休もうと試みるゴールデンウィークの巻

2018local_dishes-2.jpg
実家に帰ると囲炉裏に火がほこほことしていました。
ちょっと肌寒い富山の晩に嬉しいね〜あたたかいね〜

温まるために囲炉裏に火がくべられていたわけではなく、
イワナを焼くためだったようです。
2018local_dishes-3.jpg
実家に帰るたびにイワナや鮎を焼いてくれるお父さん、ありがとう!
参照:すばらしい里料理ととんでもない里料理
2018local_dishes-4.jpg
マタタビといえば猫が腰くだけになる葉っぱで有名ですが、
マタタビの新芽を醤油漬けにしたものがすごく美味しかったのです!
2018local_dishes-5.jpg
メシのうえにのせて食べるだけ。
マタタビがこんなに美味いとは、ネコにだけ与えておくのはモッタイナイ!
2018local_dishes-6.jpg
朝、いいかんじに田舎カフェ風です。
2018local_dishes-7.jpg
このテーブル(ホントは火鉢)が「いいかんじ」な田舎感を醸し出しているのか?
それともこの座布団か?
2018local_dishes-11.jpg
このへんのご近所に行けば必ずあるこの座布団。
田舎の旅館というか寺というか、とにかく仏具っぽいこの色とデザインの座布団は、
田舎のマストアイテムです。
2018local_dishes-8.jpg
話は戻って、テーブル(火鉢)です。
まんなかのフタを開けると火鉢が出現します。
木が乾いてバッキリと割れていますが・・・ものすごく太い杉の木製です。
2018local_dishes-9.jpg
ところどころに入っているこの模様は・・・
雪国なのに屋根の雪下ろしをサボったがために雪の重みで家が半壊し、
穴だらけになった火鉢を父が再生させたので結果手の込んだデザインになった、
という想い出(?)の逸品です。
2018local_dishes-13.jpg
わっかになってる木が埋め込まれている部分なんて、スーパー職人技!
乾燥して割れちゃった部分もつないでほしいな、おとーさん!
2018local_dishes-10.jpg
田舎は時間の流れがゆっくりだな〜
と思ってたら柱時計の電池が切れて止まってただけだったっていう・・・
2018local_dishes-12.jpg
一方、囲炉裏の脇では朝から木を剪定していた庭師さん(とおもったら魚屋さんだった)と
おとーさんがキットカットをお茶請けになごんでいました。
田舎では魚屋さんが木の剪定をするし、大工さんがウナギをさばいて焼きます。
田舎の人はなんでもできます、すごいね〜。
スポンサーサイト