ジビエキッチン・キジバトの照り焼きと鳩汁うどん [ Gibier Kitchen : I cooked Turtledove by Japanese Teriyaki style and Stewed Udon Noodles. ]


こんにちは、ジビエキッチンです。
きょうはキジバトとコガモをいただいてきたのでハネむしって精肉しましょう。
ちなみにコガモは子供の鴨のことじゃなくてコガモという種類の鴨です。
201804gibier_kitchen-52.jpg
鳥のハネはゴミ袋の中でむしると飛び散っていかないのよい◎とは言いますが、
家の中でやってもいいことなんか無い!
ハンターが7畳1Kアパートに住むのは無理があるね、いろいろと。
201804gibier_kitchen-54.jpg
鳩のハネはとてもむしりやすい◎
あっというまに丸裸です。
201804gibier_kitchen-55.jpg
対して水鳥である鴨のハネはむしりにくい。
なので毛穴を開かせるように70℃の湯で2、3分茹ます。
201804gibier_kitchen-53.jpg
この美しい羽根、これはフライフィッシングの毛針のマテリアルにしましょう。
鴨を喰い羽根で毛針作ってイワナを釣ってまた食う、最高じゃないか!
201804gibier_kitchen-58.jpg
どーやってアテリアルを作るのかは分からんけど、とりあえず洗って乾かしましょう。
コガモって羽根は綺麗だし、旨いし、猟を始めた暁にはコガモ狙いでイキたいです。
羽根が綺麗なのは主にオスです。
201804gibier_kitchen-56.jpg
あらかたハネをむしりとってハダカにした鳥たちを直火で炙りウブ毛を焼き切ります。
今時のガスコンロなんかは安全装置がついていて火が消えちゃうので、
アウトドア用のシングルバーナーがとても便利です。
201804gibier_kitchen-57.jpg
これがホントの鳥肌です。
201804gibier_kitchen-59.jpg
胸肉とササミに精肉されたキジバトです。
きょうは鳩料理にします。
201804gibier_kitchen-60.jpg
なのでコガモは精肉して出汁用の骨も洗って冷凍庫に入れておきます。

[ キジバトの照り焼きと鳩汁うどん ]
201804gibier_kitchen-61.jpg
キジバトの骨をグツグツ煮込んで、鴨汁の要領で鳩汁を作ります。
とりあえず20分ほど煮出してみます。
201804gibier_kitchen-63.jpg
しょうゆ、砂糖、酒で味をととのえてネギをぶちこみましょう。
鴨汁もネギなんだから鳩汁もネギに違いあるめぇ。
201804gibier_kitchen-62.jpg
ササミと胸肉は酒・みりん・砂糖に漬け込んで照り焼きにします。
ハンター先輩のおっちゃんらが「酒のつまみに最高」とのたまう鳩、楽しみです。
201804gibier_kitchen-64.jpg
キジバトの照り焼きと鳩汁うどんができあがりました。
鳩の照り焼きは味が濃くてギュッとしてて確かに酒のつまみにもってこいです。
いっぽう鳩汁うどんですが・・・結論から言うと、
鳩から出汁はでない!
ものすごーく遠くの方に出汁っぽいものを感じますがコレはただの醤油うどんです(w
後日ハンター先輩たちにきいてみましたが「鳩は出汁でないよ〜」とのことでした。
本日も美味しく野生動物をいただきました、ごちそうさま。

201804gibier_kitchen-65.jpg
それにしてもコガモのハネって綺麗だな〜コガモ好き♡
スポンサーサイト