まだ2月ですが2018年最高の和菓子屋さんに出逢いました。富山の引網香月堂のどらやき「まめ蔵」が最高すぎて、もう他のどらやきは絶対に食えない!っていう話。


帰省するたびに懐の深さをみせつけられる富山県のお話です。
ハッキリ言って最高なものしかないのか、この県には。
201802Hikiami_Kogetudo-2.jpg
きょうは、出会ってしまったことを素直に幸せだと言って良いのか否か。
引網香月堂さんのことを本当は内緒にしたいけど書いちゃう。
201802Hikiami_Kogetudo-4.jpg
いまどきの和菓子屋さんってこんなにアートアートしてんのかよ!
なんかもうオシャレすぎてごめんなさい。
201802Hikiami_Kogetudo-5.jpg
マジで助かった、きょうはヨソ行きの格好してて、ホントにセーフ、
と言わずにはいられないドラマティックな店内にドキドキします。
201802Hikiami_Kogetudo-6.jpg
落雁の型かしら?
ワークショップやってそうな雰囲気ですね。
ところでお目当のアレは?
201802Hikiami_Kogetudo-3.jpg
やはり売り切れていたか・・・
大先輩が絶賛する引網香月堂の「いちご餅」
近いうちに富山に舞い戻って来るフラグ立ちまくりですね。
201802Hikiami_Kogetudo-9.jpg
いちご餅が売り切れで悲しみに打ちひしがれていたところに、
これを食って元気出せと言わんばかりに大先輩が桜餅をくれました。
ヤバイっす、引網香月堂の桜餅、ハンパないです。
201802Hikiami_Kogetudo-10.jpg
そんでもって、おみやげもくれた大先輩、なになに、今日は優しいのね。
引網香月堂のどらやき「まめ蔵」です。
201802Hikiami_Kogetudo-11.jpg
ごめんなさい、わたし、どらやきのことを「たかがどらやき」なんて思ってました。
こんな立派な和菓子だったなんて、もう泣きそうです。
まめ蔵を知ってしまった今、わたしはもう他のどらやきなんて絶対食べれませんよ。
そう、これです。
引網香月堂に出会ってしまったことを素直に幸せだと言って良いのか否か
和菓子レベルを一気にテッペンまでひきあげてしまった引網紅月堂のせいで、
きっとそんじょそこらの和菓子じゃ満足できない悪い女になってしまいました。
201802Hikiami_Kogetudo-7.jpg
引網紅月堂さんのとなりには真っ白なカフェがありました。
201802Hikiami_Kogetudo-8.jpg
道を挟んだ向かいにはソーセージ屋さんがありました。
なんなの?この小洒落たエリアは。
絶対また来るからね!
201802Hikiami_Kogetudo-12.jpg
北陸限定・葉の茶のほうじ茶をおともに、まめ蔵と帰る北陸新幹線の中。
なんなんだよ、富山県って!
今までもこの先も、住んでる人しか知らないイイものがこんなにも溢れている県は無い
と言っても過言じゃないし、まめ蔵があるってだけでUターンして富山に住もうかと思うわ。
まってろよーいちご餅、ぜったいくってやっかんなー!!!

引網香月堂 古沢本店
富山県富山市古沢111-3
TEL:076-471-8755
営業時間:9:00から18:00 火曜定休

エピローグ
そんなもんじゃなかった、もっともっと深かったよ。
どうしよう、もうゴールデンウィークを8連休にして新幹線のチケットを
買ってしまうしか無いんじゃなかろうか?
ワタシ、小学生ふたり拉致ってどらやき小旅行するよ、マジで。
201802Hikiami_Kogetudo-13.jpg
※パブリックに適していない部分はモザイク処理をしております(w
スポンサーサイト