智兎蔵(ちとくら)のユズ酒の仕込みが終わりました。[ Homemade Japanese Citrus Liquor made by Titokura sake company. ]

201712Homemade_Citrus_Liquor-1.jpg
ゆずをたくさんいただいたのでユズ酒を仕込みます。
大きい実のスユと、小さい実のユズの2種類もらいました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-2.jpg
まず、湯につけて皮についてるであろう汚れなどをとります。
浸さなくてよかった気もするな・・・皮はほとんど使わないから・・・
今回仕込んだユズ酒が失敗したらこの工程のせいだと思います。
だって、なんだかユズがグニュグニュになっちゃったから。
201712Homemade_Citrus_Liquor-3.jpg
氷砂糖とホワイトリカーの計量です。
クッキング用のはかりがないので体重計でぼんやり測りました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-4.jpg
ピットラボのメジャーカップはいつみても惚れ惚れするかっこよさです。
室温が20℃の時に1000mlという意味ですが、果実酒の材料なんてテキトーでいきましょ。
201712Homemade_Citrus_Liquor-5.jpg
皮をむいて白いモケモケを取り外したユズを果実瓶の中へ。
ユズの皮は大きいユズ2個分を入れました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-6.jpg
仕込み完了です。
一般的なレシピではユズ600g・リカー1800ml・氷砂糖200gとなっていますが、
智兎蔵(ちとくら)酒造のレシピは以下のとーりです。
201712Homemade_Citrus_Liquor-8.jpg
ユズと氷砂糖が多く、ホワイトリカー少なめです。
なぜなら!わたしが酒を飲まないから!
いっぱい作ったってしょーがないからデス。
201712Homemade_Citrus_Liquor-9.jpg
こないだ仕込んだグレープフルーツブランデーとともに、
アジトに持って行って寝かせておこうと思います。
せっかくなんでワタシメイドの酒ブランドを智兎蔵(ちとくら)と命名しました。
テキトーなラベルも手描きで作って貼っておきました。
201712Homemade_Citrus_Liquor-7.jpg
こちらの飲み頃も3ヶ月後くらいからだそうです。
おたのしみに〜〜〜〜
スポンサーサイト