バンコクの17ラムインドラ射撃場で銃を撃ちまくった話。


本日は射撃場に来ました。
ミロクのショットガンは美しい!という話で意気投合してここに来るに至ったワケですが、
クレー射撃するのかな・・・ぜんぜんお皿割れないからハズカシイな・・・
201711Ramindra17_BKK-3.jpg
広ッ!!!
どんだけ射台があるんだ?
ここは全部、的撃ちの射台です。
201711Ramindra17_BKK-2.jpg
移動にセグウェイ欲しくなるレベルです。
この日は外でシューティング大会が行われていていました。
そのほかの個人的な練習には10人くらいの人が来てたかな〜。
201711Ramindra17_BKK-5.jpg
これは便利!と思ったのは、射台1個づつに的を引き寄せるロープが付いてて、
自分の好きなタイミングで椅子に座ったままボタン一つで的を引き寄せられるトコ!
アナログに見えてすごく画期的です。
201711Ramindra17_BKK-4.jpg
時計の装飾がベタな感じなのもナイスです。
あー、もう2時半か。
201711Ramindra17_BKK-1.jpg
今日わたしたちが撃つのはピストルでした。
青空射撃場なこの場所で。
201711Ramindra17_BKK-7.jpg
まずは的をコンパネに貼り付けます。
タッカーで貼り付けるのは世界共通ですね、バチンバチンバチン!
201711Ramindra17_BKK-14.jpg
教官が付いてくれて丁寧に教えてくれました。
拳銃を撃つのなんて人生2度目なので、構え方、握り方、トリガーの引き方、心構え、
それら全部をいちからレクチャーされました。
もちろんタイ語はわからないので、教官のタイ語をトーンちゃんが英語に変換して
わたしに伝えてくれています。
ちなみに人生1回目のIPSCでの射撃もタイでした。
あの時は「銃たるもの!」を全く知らなかったので1発もマトに当たりませんでした。
201711Ramindra17_BKK-9.jpg
教官がマトのど真ん中に蛍光オレンジのシールを貼って、
「あなたがココを撃ち抜かないと僕は今日家に帰れません」というので、
教官のために真ん中に当たるように努力しました、笑
201711Ramindra17_BKK-8.jpg
銃を変えてさらに撃つ。
こちらの銃はマガジンに弾を入れて銃に装填し連続でビシンビシン撃てます。
201711Ramindra17_BKK-10.jpg
「筋が良い」と褒められて教官は無事、お家に帰ることができました。
こないだ、日本でスラッグ弾の的撃ちやったときよりは全然当たってて嬉しいです。
散弾銃のスラッグ的撃ちは50m、こちらは10mですけどもね。
201711Ramindra17_BKK-11.jpg
きょう使った銃です。
日本で銃の所持許可を取って散弾銃を買ってみたけれど、
銃のメーカーだとか形だとかそーゆーの全然わからないんで、
とりわえずピストル撃ってきた!としか伝えることができません、楽しかったです。
201711Ramindra17_BKK-12.jpg
สนามยิงปืน ศรภ. รามอินทรา 17 [ Shooting range. Ramindra 17 ]
射撃場の名前というか、ラム・インドラ17って住所だよね?
ちなみに、射撃大会はトーンちゃんの彼氏のコップさんが優勝していました。
ラムインドラ17射撃場は前王ラマ9世のお嬢様も射撃の練習をされた由緒ただしき射撃場なのだそうです。
そんな場所で撃たせていただいて光栄です、ありがとう。
スポンサーサイト