ハジャイの姫気分を味わえるフォトジェニックなカフェ "Maison de Monet"


姫になった気分でフォトジェニックな飲みのもでもいただきますか。
Maison de Monet というカフェにいます。
201712Maison_de_Monet-3.jpg
落ち着いて飲み物をいただきたいのはヤマヤマなのですが、
本日の午後3時半にはヒコーキに乗ってバンコクに帰らなければいけないのです。
そして今、午後1時半なんです、こんなとこで余裕ブッこいてる場合じゃないんです。
だって、部屋には荷物が散らかっていて手つかずなのに・・・
201712Maison_de_Monet-5.jpg
あぁ、目の前のバエてるヴィバレッジがにくいよコンチキショー。
タイティーにホイップクリームのっけてストロベリーシロップを追加し、
ハイカロリーの悪魔のようなドリンクを作りました。
(あんまし美味くなかったのは内緒です。)
201712Maison_de_Monet-6.jpg
しかし、君たち、なぜそんなに余裕なんだね。
空港には出発の2時間前には居なさいって習わなかったのかいドキドキ。
201712Maison_de_Monet-2.jpg
あぁ〜もおう、素敵すぎるよおぅ、素敵すぎてイラつくよおぅ。
もしや、みんな荷物のパッキングは済んでいるのか?
部屋に盛大に荷物を散らかしてあるのはわたしだけなのか?
201712Maison_de_Monet-7.jpg
Maison de Monet の横には Blur Tea Room というカフェがあります。
ここはそーゆーオサレエリアなんでしょうか。

時計が午後2時をまわった頃、わたしはようやく諦めました。
そうだよ、ヒコーキに乗り遅れたんだったら明日帰ればいいじゃないか。
明日も明後日も明々後日もどこまでも休みのわたしが急ぐ必要なんて・・・
いや、あるだろ、ここに航空券がある限りは、笑
201712Maison_de_Monet-4.jpg
落ち着けないティータイムでした。
タイティーはそのまま飲んだ方が美味しいです、ナゾのカスタムはしない方が良いです。
ヒコーキには間に合いましたが、なぜにもこんなに時間カツカツで空港に
滑り込みセーフをキメる必要があったのかは全くもってナゾのままでした。
スポンサーサイト