マレーシアGPで盛り上がるセパンサーキットへの道中にあふれかえるパチもんグッズ屋さんで買い物をしてしまったこと。


クアラルンプールの中心地からセパンサーキットまでは約60キロです。
ハイウェイの休憩所はすでにmotoGP会場か?というほどの賑わいです。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-21.jpg
このサービスエリアで朝食をとってサーキットに向かうことにしました。
ヘンテコなマンのようなものを食べました。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-22.jpg
日本人一同が「なにこれー?」と喜んでいたところ、
タイ人の悪い方のサービス精神旺盛っぷりが発揮されマンが追加されました。
とうもろこしまん、ちりまん、ローストチキンまん・・・
2017motoGP_Malaysia_Sepang-27.jpg
ちゃんと外見に応じた味の餡が入っている芸の細かさ。
かといって、決して美味いわけではないツメの甘さ。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-23.jpg
いっこ、3.50リンギットです。
えっと、、、白いのあるじゃん、、、多分それが一番美味いと思うんだ、、、
2017motoGP_Malaysia_Sepang-24.jpg
まだ熱が下がっていないわたしは、甘くない飲み物を探し歩いて、
看板は読めないけど、フルーツの絵が描いてある店を見つけて中の様子を伺っていました。
文字が読めないと、大人も幼児と同じ行動をとります、必然です。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-25.jpg
勘だけは良い!
やっぱりフレッシュジュース屋さんでした。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-26.jpg
100%いまジューサーで絞った混じりっけのないオレンジジュース。
うますぎて2杯飲みましたが、セパンサーキットまでの間に全部汗で流れたと思われます。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-28.jpg
どう考えてもパチもん屋さんだと思われるお店がいっぱいありました。
このサービスエリアに着くまでもハイウェイの道端に何軒もあったなぁ〜。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-29.jpg
多分GPが始まる前の木曜あたりから出店していると思われますが、
木>金>土>日と、どんどんプライスダウンしていきます。
2017motoGP_Malaysia_Sepang-30.jpg
150リンギットだったヤマハぽいジャケットを75リンギットに値切って買いました。
買ったのかよ!
楽しい楽しいマレーシアGPでした。
つづく。
スポンサーサイト