2017年6月に発売になったばっかりのiMacが我が家にやってきたんだ!SierraにイラレとフォトショのCSバージョンをぶっこんで使ってみるよ。


macOS Sierraに Photoshop CS6 をインストールします。
Sierraでは裏技的なコマンドを使わないと動かないとかいう噂のCSですが、
なんにもしなくても起動しましたフォトショCS6。
しかしひとつ、大きな大きな問題発生。
Photoshopのショートカットが一切使えません。
ショートカットが一切使えません!
(大変なことなので2回書きました。)
由々しき事態です。
201709Hello_iMac-33.jpg
全てのショートカットが ⌘1 です。
ある意味便利そうやん・・・
⌘1ってやってれば何かが起きるわけでしょ、何かが。
201709Hello_iMac-23.jpg
解決方法はこちら。
言語を一旦U.S.にしてPhotoshopを立ち上げる。
これだけです。
201709Hello_iMac-34.jpg
これでショートカットが完全復活しました。
助かった〜〜〜〜
201709Hello_iMac-19.jpg
次はIllustratorSC5をSierra搭載のiMacにブチ込みましょう。
そうそう、今時のApple製品にはCD・DVDドライブが付いていません。
CDの状態で持っているアプリケーションをインストールするには、
べっこにDVDドライブを買わないと!
レンタルDVDを見るためにも必要なので一緒に買います。
201709Hello_iMac-20.jpg
でたー!!!!
これか!
これがSierraでCSバージョンのIllustratorを使おうとするのを阻害するアレです。
なんだか台本どうりに進んでいるので少し嬉しい気もします。
コレはコレでコレを回避するあの裏技コマンドを使います。
201709Hello_iMac-21.jpg
CSバージョンの起動時にJavaを確認するメニューを回避させるコマンドです。
ターミナルをごにょごにょするんですが、
ここんとこの詳しいやり方はググればすぐにでてくるので、
SierraでCSバージョンのIllustratorを使いたい人はあきらめずにググってみよー。
201709Hello_iMac-24.jpg
IllustratorとPhotoshopが使えるようになったら、
あとはiTunesさえ元どうりになれば他のデータは全部HDDに手動で貯めてあるから!
というわけでiTunesの復元です。
外付HDDをつないで最新のバックアップから上記2個のフォルダを、
新しいMacのミュージックってとこにコピペするだけ!
これで全曲、全プレイリストが新しいMacの中に入りました。
おつかれさまでした。
スポンサーサイト