埼玉県の「いがまんじゅう」という名の饅頭を赤飯で包んだ赤飯饅頭のこと。


もう5月も終わりに近づいていますが・・・
5月といえば「かしわ餅」です。
201705Manjyuya_Misato-2.jpg
創業100年以上の老舗和菓子屋さん「饅頭屋」さんへ、
かしわ餅を買いに行きましょー!
201705Manjyuya_Misato-3.jpg
どっさり買ってきました。
季節のものは悔いの残らないように食べておきませんと。
201705Manjyuya_Misato-6.jpg
柏の葉っぱの香りがお餅にしみこんでて美味しいです。
「餅は餅屋」といいますが、饅頭屋さんのかしわ餅、大変美味しゅうございます。
201705Manjyuya_Misato-7.jpg
なんといってもあんこがうまい。
たくさん買ったつもりでしたが、あっという間に食べ終わってしまいました。
201705Manjyuya_Misato-4.jpg
かしわ餅を買った時にレジ横でみつけた「赤飯饅頭」なるものです。
お店の人に「赤飯の中にあんこが入っているんですか?」ときいたところ、
「あんこだけじゃなくて饅頭が丸ごと入っています」とのことでした。
ためしに1個買ってきてみました。
201705Manjyuya_Misato-5.jpg
ナニコレ!超ウマイ!
お赤飯のしょっぱさと、饅頭の甘さが絶妙です。
201705Manjyuya_Misato-8.jpg
赤飯饅頭の美味しさに魅了されて翌週も饅頭屋へ行きました。
赤飯饅頭を求めて「ごめんくださーい、赤飯饅頭くださーい」
201705Manjyuya_Misato-9.jpg
・・・赤飯饅頭、売ってなかった・・・
なんでも土日やイベントのある日、ご注文があった日にしか作っていないそうな・・・
というわけでこの日は注文を入れてきました。
201705Manjyuya_Misato-10.jpg
せっかく饅頭屋さんに来たので、手ぶらでかえるのもなんなので、
茶饅頭と水ようかんを買いました。
毎日仕込んでいるあんこが旨いので、茶饅頭も水ようかんも安定のおいしさです。
201705Manjyuya_Misato-13.jpg
そして翌々日、予約しておいた赤飯饅頭を買いに訪れました。
あります!あります!
赤飯饅頭もお赤飯もあります。
201705Manjyuya_Misato-11.jpg
これがわたしの愛する赤飯饅頭です。
いっこ110円というお財布に優しいお値段です。
201705Manjyuya_Misato-15.jpg
しかも、いっこがこんなに大きいのです。
赤飯饅頭だと知らずに見た目だけで判断して食べると、
中からあんこが出てきてビックリすること間違いナシです。
ところで、なんで赤飯の中に饅頭なんて入れちゃったんだろうか?と思ったら、
そもそも埼玉県には「いがまんじゅう」という名前の、
赤飯の中に饅頭を入れた食べ物が存在するんだそうです。
デイリーポータルZ:包んだり包まれたりする赤飯と饅頭
↑興味のある人は読んでみてください。
201705Manjyuya_Misato-14.jpg
8個買ってきた赤飯饅頭もあっというまに完食です。
この食感と味、思い出すと食べたくてしょうがなくなります、中毒性あり!
危険です、体重的にも・・・ごちそうさまでした。

御菓子司(有)篠田製菓 饅頭屋
埼玉県三郷市番匠免1-48 TEL:048-952-6054
営業時間 9:00AM - 5:00PM  定休日:月曜日
三郷の創業101年の歴史ある和菓子屋さん「饅頭屋」
スポンサーサイト