豫園商城の南翔饅頭店本店で小籠包をいただく。[ Talking about YUMMY xiaolongbao ( soup dumpling ) at Nanxiang Mantou Dian , YU YUAN , Shang hai. ]


小籠包のお話のついでに、上海の小籠包のお話です。
南翔饅頭店(なんしょうまんとうてん)は、創業100年以上の老舗小籠包専門店です。
豫園商城の中に本店があり、実はそこに行ったことがあります。
本店だとは知らずに行ったのですが・・・。
2017Nanxiang_Mantou_Dian-1.jpg
小籠包を食べようと思ったらこの行列・・・。
一体ナニゴトカ!というほどの行列・・・。
これはテイクアウトの行列なのですが、
テイクアウトでこんなに並んでるんだったらレストランで食べれる望みは薄いな、、、
2017Nanxiang_Mantou_Dian-3.jpg
そう思いながら、なかば諦めモードで階段を上りました。
2017Nanxiang_Mantou_Dian-6.jpg
レストランがらがらやん。
一体どーゆーことだかはよく分かりませんが、
ここが南翔饅頭店で間違いなさそうだし、小籠包を食べることにします。
2017Nanxiang_Mantou_Dian-4.jpg
小籠包8個、25元(日本円で約400円)です。
そーいえばお水とか出てこないな・・・。
ここはひとつ中国ですもの、烏龍茶でもいただこうかしら。
そう思って烏龍茶もくださいって言ったら・・・
2017Nanxiang_Mantou_Dian-7.jpg
まさかのサントリー黒烏龍茶です。
上海の小籠包は台北の小籠包よりも皮が厚くて饅頭っぽいです。
おいしいですが、8個も食べると他に何も食べられません。
2017Nanxiang_Mantou_Dian-8.jpg
大行列をさばくためにせっせと小籠包をつくりまくるスタッフ達。
小籠包を作っている厨房と、せっせと売っているカウンターをながめていたら、
テイクアウトが大混雑でレストランがガラガラだった意味が分かりました。
それは・・・
2017Nanxiang_Mantou_Dian-5.jpg
レストランで小籠包をいただくと8個25元なのですが、
テイクアウトはなんと16個で12元なのだそうです。
なるほどね。
だけども一人ではとてもじゃないけど8個でも充分過ぎるほどです。
2017Nanxiang_Mantou_Dian-9.png
南翔饅頭店は日本にも4店舗あります。
小籠包6個で800円(税別)だそうです。
スポンサーサイト