全日空のボーインク787-8国際線機材240席の機内での過ごし方・裏技編。


帰りの飛行機であることを発見しました。
スワンナプーム国際空港は搭乗エリアとショッピングエリアとフードエリアが、
見事なまでに離れた位置にあるため搭乗エリアまで来てしまうと、
もう戻ったりするのが面倒で買い忘れのおみやげなどは99%あきらめます。
201702Boing787-8ANA-2.jpg
ボーイング787-8、240席タイプの国際線機材です。
最近エグジッットローが空いていないのでいちばん後ろのこの席を使います。
それはなぜかというと・・・
201702Boing787-8ANA-7.jpg
ACHK列の最後尾の座席だけ2列なのです。
つまりはトイレに行きたい時にひとりにだけ頼めばよいので気持ちが楽!
そんな理由でこの席を選びます。
だったら通路側に座っとけよと思うんだけど、
せっかく空を飛んでいるんだから窓から外が見たいのです。
201702Boing787-8ANA-4.jpg
さようなら、タイランド。
さようなら、わたしのタイフレンズ。
また来るよ、必ずね。
201702Boing787-8ANA-3.jpg
座席に着いたら間髪入れずにスカイチャンネルON!です。
「君の名は。」のそのほとんどをうたた寝で見過ごしてしまいました。
映画館に2回も観に行ったよ!って言ってた友達に、「あれおもろいの?寝ちゃったけど?」
って告白したら激怒されたうえに映画館に行って謝ってこいと言われました。
帰りの便はくたくたで寝てしまうのは、しょーがないのです。
201702Boing787-8ANA-5.jpg
通常はありえないゴハンメニューにパン。
タイ国際航空ならばメシとパンを平気で重ねてくるけれどANAはそんなことはしない。
ではなぜ?
なんだかこの日の機内食は「肉を出せ!」という人が多すぎて、
CAさん達が希望メニューを乗客に尋ねながら、
「お魚メニューに協力していただけませんか?」とお願いに回っていました。
エコノミーに乗ってる分際で選ぶ権利を主張するとか見苦しいな・・・と思いつつも、
肉メニューにしかパンがついていないので、
「魚でいいけどパンもおくれ」って言ったわたしが一番ビンボーくせぇ!笑
梅味のソバとかいつも創作料理がスベッテル感あるANAの機内食です。
201702Boing787-8ANA-6.jpg
機内食も食べ終わり、空港でしこたま飲んだコーヒーがそろそろ尿に変わる頃です。
自分の座席の後ろを覗いてみたら通れそうなスキマを発見しました。
写真の撮り方で割かし広そうに見えますが、実際はもっと狭いです。
隣に座ってたスキンヘッドの格闘家系にーちゃんが持参のイヤホンで映画に夢中なんで、
邪魔しちゃ悪いかなと思ってこのスキマに挑んでみたら・・・
通れました。
まったくお勧めはしませんが、通れなくはないです、小さめの女性なら。
というわけでANAの787-8の240席国際線バージョン33Kの裏技でした。
スポンサーサイト