沢口靖子が「ルヴァンパーティーへようこそ!」と言っていたので新旧リッツとルヴァンを食べ比べてみた。[ Welcom to the Levain Party ! ]

201702RITZ_Levain-1.jpg
日本でリッツといえば沢口靖子ですが、その靖子がルヴァンのCMをしていたんだ。
「ルヴァンパーティーへようこそ」って優雅に言ってたんだ。
それは日本のリッツファンが察するには充分すぎるCMである。
2016年9月12日にヤマザキナビスコのリッツの歴史が幕を下ろしてかたというもの、
変わってしまったリッツの味に日本のリッツファンは悲しみに明け暮れていた。
そんな時に靖子がルヴァンを持って現れたんだ。
まさに女神。
(試験に出ない順英単語帳はわたしの愛読書です。Amazonでどーぞ。)

さっそくルヴァンを探しにいってみたら新リッツの隣に置いてありました。
しかもイトーヨーカドーでは新リッツ1列に対してルヴァン2列です。
201702RITZ_Levain-3.jpg
ここに新旧リッツとルヴァンがあります。
こないだチェンマイへ一緒に行ったMちゃんが旧リッツをチェンマイにまで
持ってきてました。わたしたちの旧リッツ愛はそこはかとなく深いのです。
201702RITZ_Levain-4.jpg
というわけで、こんだけそろったらやってみるでしょ。
Let's たべくらべ。
201702RITZ_Levain-5.jpg
リッツパーティーが始まりそうな雰囲気ではありますが、
のせる具材がありません。
201702RITZ_Levain-6.jpg
旧リッツとルヴァンの味が同じです。
サクサク具合も同じです。
違うのはカタチだけです。
さすがヤマザキナビスコ!
「日本のリッツは日本人の好みに合わせて日本オリジナルのレシピで作られていた」
そうですよ、リッツを愛するMちゃん談です。
新リッツも美味くないわけじゃなくて、新しい食べ物として認識すればおいしいです。
201702RITZ_Levain-8.jpg
旧リッツとルヴァンの原材料の比率や品目が違うのに絶妙な旧リッツ味です。
新リッツはインドネシアでつくられているそうです。
201702RITZ_Levain-7.jpg
さぁ、こんなに開封しちゃったクラッカーをどうするんですか。
リッツ&ルヴァンパーティーを開催するしかないじゃないですか。
201702RITZ_Levain-9.jpg
ここでひとつ、とっておきのレシピを紹介します。
用意するものは、
新鮮なおいしいリンゴ、クリームチーズ、リッツもしくはルヴァンです。
201702RITZ_Levain-10.jpg
クラッカーにクリームチーズを塗ってリンゴをのせるだけ。
リンゴとリッツの質の違うサクサク感と3種が口の中で交ざり合った味が、
想像している以上においしくてさっき開封したクラッカーなんて瞬殺です。
スポンサーサイト