AISからかゆいところに手がとどく複数国対応データ通信用SIMカードが発売されています。[ Awesome! AIS roaming SIM card " SIM2Fly ". ]


こないだタイでお世話になったタイの大手携帯キャリアAISですが、
「これ便利なんじゃないの!」と瞳の中に星マークがでちゃうようなサービスを
スタートさせていました。
その名も SIM2Fly です。
参照:AIS roaming SIM2Fly
20161228sim2fly-4.png
EU&USで使える15日間データ通信3GBパッケージが899バーツ。
1.チェコ共和国
2.ドイツ
3.ギリシャ
4.ハンガリー
5.イタリア
6.オランダ
7.スペイン
8.UK(イギリス、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)
9.フランス
10.オーストリア
11.アメリカ
12.香港
しかも「One SIM for multi-countries.」です。
スペインでパエリア食ってイタリアでワイン飲む旅も1枚のSIMで!
20161228sim2fly-3.png
アジアで使える8日間データ通信3GBパッケージが399バーツ(約1400円)。
ベトナムへ行く時にストップオーバーで香港に2泊しても1枚のSIMで。
タイから国境越えてマレーシアGP見に行った後で、
シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズのとこで写真撮ってみる旅も1枚のSIMで。
なんて便利で嬉しいサービスなんだろうか。
201609Apple_iOS10_update-9.jpg
ここで最近使った外国の旅行者用SIMサービスと比較してみましょう。
香港:Discover Hong Kong Tourist SIM / 8日間データ通信5GB / HK$118(約1800円)
台湾:亞太電信(Asia Pacific Telecom) / 8日間通信料無制限 / 400元(約1500円)
※日本円への換算は2016年12月18日(取引最終)のレートで計算しています。
AISのSIM2Flyが通信量3GBと少なめではあるけれど12ヶ国対応なことをふまえると、
なかなかの最強っぷりなんじゃなかろうか?
20161228sim2fly-7.jpg
ここで日本最強の携帯キャリアdocomoのサービスを参考にみてみましょう。
海外1dayパケ / 24時間データ通信30MB / 980円から
え?30メガバイト?メガ???
2017年3月31日まではキャンペーン中で一部の渡航先のみ30MB制限は無いそうです。
ただし日本で契約している毎月のデータ量から外国で使った分が引かれます。
24時間も積算なのでローミングサービスを停止している間はカウントされません。
とはいえ30MBとは。メガバイトっていう単位を久々に目にしました。
201611SIM_AIS_Thai-13.jpg
ひとつの国へ行く場合は、現地のSIMカードを調達するのがいちばん安く、
データ通信量も多いというのは一目瞭然ですが、
2泊3日程度の短期旅行の場合やパックツアーで自由行動が限られる場合には、
事前に用意できる複数国対応型のSIMカードが便利!という結論です。
でもタイに行かないとAISのSIMなんて買えないじゃないか!
という問題ですが・・・日本のAmazonで買うことができるようです。
20161228sim2fly-5.jpg
株式会社ワイズ・ソリューションズと海外携帯販売専門店ジャパエモが扱っています。
(2016年12月18日現在の取り扱い状況です。)
商品の説明には「新品・正規品」とあり「日本語取説とSIMのみ」のお届けだそうです。
AISの商品は3in1(通常・マイクロ・ナノの3種類対応)のSIMなのですが、
ここの商品はマイクロとナノのみ対応であきらかにAISのではないアダプター付きです。
実際にここから商品を購入してみてないので何とも言えませんが、
商品写真を見る限りではAIS純正では見たことの無いマイクロSIM用アダプターです。
参照:Amazon AIS SIM2Fly Asia
20161228sim2fly-2.jpg
わたしがマレーシアからシンガポールへ行く時は、まずタイに降り立つので、
タイのAISカウンターでこのSIMを買うか、もしくは自分のプロモーションに
パッケージを付け足すことができるのなら、その方法で入手するつもりです。
とりあえず複数国対応のよさげなSIMカードみつけたぞ!というお話でした。
スポンサーサイト