日本語注文OKのチェンマイのタイスキのお店 "กั๊ตจัง หมูจุ่ม(Kat Jung Muu Jim)"


チェンマイで日本語でも注文できるタイスキレストランに来ました。
もはや日本語で注文できる店っていうのは珍しくないんだろうけれども・・・
กั๊ตจัง หมูจุ่ม(Kat Jung Muu Jim)です。
201701Kat_Jung_Muu_Jim_Vhiangmai-2.jpg
ひろいレストランなので食事時にも並ばないでテーブルにつけました。
タイのお友達に何が食べたい?ってきかれたので、
「クレイポットで煮るやつ」ってこたえたら
「エレクトリックポットのお店に行きましょう」って、まぁ、どっちでもいいけど。
201701Kat_Jung_Muu_Jim_Vhiangmai-3.jpg
iPadミニくらいの大きさのタブレットで注文します。
ここで選んで送信するだけ。
タイ語・英語・日本語が表示されます。
食べ物と飲み物ではなく「飲む」です。
DRINK が「飲み物」ではなく「飲む」と訳されています(笑
201701Kat_Jung_Muu_Jim_Vhiangmai-7.jpg
タイスキを食べながら、日本のスキヤキの違いを教えてあげます。
ひさびさのタイスキ、うまいなぁ〜。
201701Kat_Jung_Muu_Jim_Vhiangmai-4.jpg
切り身を見てもなんの魚か分からない、そんな日本人・・・
これはシーバスでした。
釣りで人気のあの魚です。東京湾のすずきは高級な魚ですが、
PCB、ダイオキシン、セシウムにまみれているので妊婦は食うなって言うほど危険。
妊婦じゃないけど、タイでたらふく食って帰るか!
201701Kat_Jung_Muu_Jim_Vhiangmai-5.jpg
タレは基本的に辛いものしか無い。
赤と緑、どっちがより辛いんだったかもはや忘れたけど、とにかく辛いです。
201701Kat_Jung_Muu_Jim_Vhiangmai-6.jpg
デザートに食べたなにか。
甘い豆乳の中にギンナンがこれでもか!というほど入っているなにか。
ギンナンなんて茶碗蒸しに1個入ってれば充分で、ぱくぱく食べるもんじゃネェな。
どちらかというと・・・ギンナンは嫌いです。
それをしかめっつらで食べきって、本日の夕飯はおしまい、ごちそうさまでした。

チェンマイで日本語注文ができるタイスキのお店はこちらです。
スポンサーサイト