チェンマイスタジアムでムエタイを観戦する。[ Let's go CHIANG MAI BOXING STADIUM ! ]


サタデーマーケットに行こうとバンムリングブリ通りに来てみたら、
ムエタイのデモンストレーションが行われていました。
201701Muay_Thai_Chiangmai-2.jpg
こんな場面に出くわしたら写真の1枚や2枚、撮るよね。
ってことで写真を撮っていたら、ムエタイのチラシをもらいました。
チラシをしげしげと見てみるとチェンマイスタジアムは宿から近いことが分かり、
訪タイ6回目にして初めてムエタイを見に行ってみようかしら!と思いました。
201701Muay_Thai_Chiangmai-3.jpg
ところが・・・チケットの購入のところには電話番号が3つ書いてあるのみ。
電話か・・・
英語のよく分からん日本人と、タイングリッシュを話しまくるタイ人の電話か。
なんぎやな・・・と思ってたら、
ランチに行ったレストランでチケットを扱っていました。ラッキーです。
201701Muay_Thai_Chiangmai-4.jpg
「ムエタイのチケット買いたいんだけど」とお店のフタッフに言ってみると、
わたしの後ろの席に座ってたおばちゃんが「はいはい」って感じで受けてくれました。
どっかに連絡を取っているようです。
「泊まってるホテルは?」ときかれましたが、安宿のため場所が分からないようです。
どうやらムエタイのチケットを買うとお迎えのタクシーが来てくれるようです。
「近いから自分で行くよ!」とこたえて宿の場所問題は解決です。
201701Muay_Thai_Chiangmai-5.jpg
ムエタイのチケットには個人名を書き込みます。
へぇ〜。
201701Muay_Thai_Chiangmai-6.jpg
こうして1000バーツでリングサイドの券を購入することができました。
名前入り!
201701Muay_Thai_Chiangmai-7.jpg
裏面には何が書いてあるのか分かりません。
電話番号も書いてあるけど、いつ使うのかは分かりません。
201701Muay_Thai_Chiangmai-8.jpg
夜8時半からスタジアムは開いてるけど8時50分くらいまでに行けばいいよ。
とは言われたものの、超満員で入れなかったらどうしよう・・・と思い、
早めに着いてしまった、そうです、わたしは日本人です。
201701Muay_Thai_Chiangmai-9.jpg
チェンマイスタジアムはまだ新しい感じがしました。
毎週、月曜、木曜、土曜に開催されます。
ムエタイはタイの国技です。
さながら日本に来た外国人が相撲を見に行く感覚でしょうか。
201701Muay_Thai_Chiangmai-17.jpg
きょうの試合はこちら!って全部タイ語やん。
右のチラシはデモンストレーションをやってた場所でもらいました。
201701Muay_Thai_Chiangmai-15.jpg
というわけで午後9時、いよいよムエタイの試合が始まりました。
いくらリングサイドだからって、リングサイドすぎやしませんか?!
201701Muay_Thai_Chiangmai-16.jpg
試合が始まる前にムエタイ選手がムエタイダンスを踊ります。
踊る人と踊らない人の差はなんなのか?
ムエタイについて詳しく知らないため、ただただ見ているだけです。
201701Muay_Thai_Chiangmai-14.jpg
ムエタイダンスが終わり、コーナーいっこづつに祈りを捧げた後、
いよいよ花飾りを外して闘いがはじまります。
201701Muay_Thai_Chiangmai-12.jpg
大迫力です。
蹴っていいなんて言い出したのダレよ!
とにもかくにも大迫力です。
201701Muay_Thai_Chiangmai-13.jpg
ブレイクタイムには大きなお皿が登場します。
この皿は一体何かというと・・・
201701Muay_Thai_Chiangmai-10.jpg
皿の中で水や氷を使って選手をクールダウンさせるんです。
リング上がビシャビシャにならないナイスな皿です。
ちなみに少年選手のセコンドは全員少年でした。
こうやって次の世代が育っていくんだろうなと思いました。
201701Muay_Thai_Chiangmai-11.jpg
訪タイ6回目にして初めてのムエタイ観戦、とてもおもしろかったです。
チェンマイスタジアムはエアコン効いてて白熱してても寒いくらいでした。
ムエタイというと賭け事のイメージですが、チェンマイスタジアムの客のほとんどが
観光客で、賭け事をしている感じは全くありませんでしたよ。
チケットはエッグベネディクトを食べたスムージーブルースで取り扱っていました。
スポンサーサイト