Lost it ? Find it ! TrackR bravo でiPhoneと車の鍵を失くさない快適な毎日を。[ I never lose my iPhone and my key. ]


iPhoneが車の鍵を探してくれる。
車の鍵につけたキーホルダがiPhoneを探してくれる。
そんな便利なTrackRを使ってみます。
201701TrackR-5.jpg
失くしやすいうえに失くすと困るものの1位と2位。
それがiPhoneと車の鍵といっても過言ではないでしょう。
iPhoneがサイレントモードになってても鳴らすことができるてのは優秀です。
詳しくはオフィシャルサイトへ:TrackR bravo
201701TrackR-7.jpg
まずはiPhoneにアプリをインストールします。
TrackRで検索するとすぐに出てきました。
201701TrackR-4.jpg
無料のTrackRを手に入れることができるのか?!
登録した後ではこのボタンは消えてしまいます・・・
無料でもらえたんならもう一個欲しかったとこですよ、と今さら思ってみる。
201701TrackR-2.jpg
丸いキーホルダーはブラボーという名前らしい。
名前を付けたらペアリングします。
201701TrackR-1.jpg
ペアリングした後は1メートルほどiPhoneとブラボーを離して設置して、
有効範囲を確認します。
201701TrackR-3.jpg
「デバイスが電話から離れるたびにデバイスが鳴り始めます」をONにしておくと、
iPhoneから車の鍵を持った自分が遠ざかって行くと音が鳴ります。
201701TrackR-9.jpg
鳴りました。
家にiPhoneを置き去りにして外に出てみたら、玄関を出て5メートルも行かないうちに、
メロディが鳴りました。
これでiPhoneを忘れて外出することがなくなりそうです。
201701TrackR-8.jpg
次に25メートルって短くないか?って言う問題です。
今度は家に車の鍵を置き去りにしてiPhoneだけを持って外に出てみます。
すると玄関からこれまた5メートルもいかないうちにiPhoneが鳴りだしました。
ここで「あ、鍵わすれたわ」と家に帰るという寸法ですね。
201701TrackR-11.jpg
音が鳴ったらiPhoneのアプリを起動して車の鍵を探してみますが・・・
だいたいどこにあるか分かっているものに近づいていくことは可能ですが、
どこで落としたか見当もつかないものを探すのは不可能じゃないかしら・・・
10メートルほど離れるとアイコンマークがネズミ色になって探してくれません。
なので今のところ家から出発する時に両方持ってるのか否かということ以外には、
使える要素が無い気がします。
201701TrackR-10.jpg
ステイトを見てみると「他のアイテムを探すのを手伝った回数」が3回になっています。
誰の何を探したんだ?!
有益なのかどうかは1ヶ月くらい使ったら分かるのかな・・・

追記
TrackRはバックグラウンドで作動させておかないと音を鳴らしてくれません。
使っていないアプリはマルチタスクからアプリを終了させるという行為を誰しもが
日常的にやっていると思いますが、TrackRを終了させると、なんの役にも立ちません。
TrackRの恩恵を受けたい時はアプリを常駐起動状態にしておきましょう。
スポンサーサイト