チェンマイでタイ古式マッサージ三昧のしあわせな日々。[ Is here HEAVEN? We can enjoy Thai Traditional Massage at Chiangmai. The Massage charge is cheeper than Bangkok. ENJOY! ]


実はわたしはタイ古式マッサージが苦手です。
たまに「あ、このひとのマッサージなら・・・」と思えるセラピストもいますが、
たいていの場合は「2時間も耐えなければいけないのか・・・」という苦痛の時間を
わざわざお金を払って買ってしまった・・・という結果になります。
そもそもこの違いっていったいなんなの?
ということをタイ古式マッサージの先生にたずねてみたところ、
同じテキストを使い同じ先生から習ったとしても個人の解釈の違いで、
それぞれのマッサージ方法になっていくのだとか・・・
なるほど、まさに自分好みのセラピストにあたるかどうかは賭けみたいなもんか。

というわけで、チェンマイでタイ古式マッサージをうけてみようじゃないか。
チェンマイでのタイ古式マッサージのコスパは最高です。
なんと1時間150バーツ!
バンコクでは最低でも1時間200バーツはかかりますので、とってもお得。
201611Tha_Massage-6.jpg
メニューにも1時間単位で書いてありますが、そもそものタイ古式マッサージは、
2時間を1クールとして構成されているそうなので2時間コースで受けます。
2時間受けても300バーツ!(+セラピストへのチップが50バーツね)
201611Tha_Massage-5.jpg
2時間のタイ古式マッサージを受けてみてどうだったかというと・・・
やっぱり、あんまし得意じゃない・・・
一緒にマッサージを受けにいってくれた日本でセラピストをやっているMちゃんは、
わたしを担当したセラピストについて、「すごく上手で気持ち良さそうだった」
って言っていたので、やっぱりわたし自身がマッサージを受けるのが苦手だってことか。
201611Tha_Massage-4.jpg
チェンマイダウンタウンでもやはり1時間150バーツというのは底値らしく、
IT CITY というショッピングモールの中に150バーツマッサージ店がたくさんあります。
特にこのお店が内装もそんなに悪くなく落ち着いてマッサージが受けられそうですよ。
お店の名前は Nuad Thai Jai Dee です。
201611Tha_Massage-7.jpg
どうにもこうにも肩の辺りをマッサージされるのが苦手なようなので、
後日、同じお店でフットマッサージ2時間コースを受けてきました。
それはまさに天国のようじゃった〜。
そして最後までわたしの足をマッサージしてくれたのが、おねーさんだったのか、
おにーさんだったのか謎のままでした。
201611Tha_Massage-1.jpg
IT CITY の外観です。
古めのショッピングモールです。
201611Tha_Massage-2.jpg
下着売り場にはなんともいえないポーズの人体がありました。
そんな IT CITY の地図はコチラ。


201611Tha_Massage-8.jpg
もう1軒、ちょっと感動的だったマッサージサロンをご紹介します。
JINDAMANEE という名前のこちらのお店です。
タイでおなじみの三角まくらやヨガマットを売ってる店舗で受付をして、
そのとなりのお部屋でマッサージを受けます。
201611Tha_Massage-9.jpg
写真に撮ってきたメニューを見てみるとオイルマッサージ系が多いですね。
裏面だったかしら???
タイ古式マッサージ1時間250バーツ、2時間400バーツでした。
予約が取れないことで有名なお店だそうですので、空いてればラッキーです。
201611Tha_Massage-10.jpg
ここにも多分何人かのセラピストが居ると思われますが、
わたしがマッサージを受けた先生はほんとうに素晴らしかったです。
このまま2時間が永遠だったらいいのに、と思うほどに夢心地でした。

JINDAMANEE Thai Traditional Massageはこちら。
スポンサーサイト