チェンマイの毎日行きたくなるフレッシュジュース屋さん「The Juice House」[ The Fresh Juice made me HAPPY everyday. " The Juice House " at Chiang Mai. ]

201611The_juice_house_chiangmai-7.jpg
チェンマイに毎日行きたいジュース屋さんがあります。
その名も「The Juice House」です。
朝早すぎると開いてないし、夕方前にもう閉まっちゃってたりします。
201611The_juice_house_chiangmai-1.jpg
フラッペ25バーツ、フレッシュジュース35バーツ、カフェラテの冷たいの35バーツなどなど、
安いのに量が多くてしかもうまいのです。
果物は1種類だけじゃなく、すきなだけ選んでいいみたいですよ。
201611The_juice_house_chiangmai-9.jpg
紙に書いて注文します。
あれ?10時から20時まで営業してるっぽく書いてありますね・・・
そのへんはマイペンラーイです。
201611The_juice_house_chiangmai-2.jpg
お店のおすすめメニューもあります。
英語バージョンのメニューもあるので楽勝です。
201611The_juice_house_chiangmai-3.jpg
8番のヘルシーダイジェスションにバナナを足してノンシュガーにしました。
おっちゃんが1杯1杯、丁寧に(かどうかは知らんが)作ってくれます。
201611The_juice_house_chiangmai-6.jpg
できあがり〜。
なんとなんと、これで25バーツ(約80円)です。
しかも、すごくうまーい!!!
ちゃんと入ってるフルーツ全部の味がします。これってすごく優秀なことなのです。
た、と、え、ば・・・
日本でバナナ入りの飲料をオーダーするとします。イチゴ&バナナのフラペチーノ的なヤツだと、
完全にバナナが勝っててバナナ味しかしないが常です。(どことはいわんけどサンマルクな。)
201611The_juice_house_chiangmai-4.jpg
こんなにデカい飲み物、どうしましょう・・・ってなってもだいじょうぶ。
店内にはインテリアもかわいい「くつろぎ空間」があります。
201611The_juice_house_chiangmai-5.jpg
フリーWiFiもあるので、のんびりしてったらいいよね〜。
バックパッカーが集まるとこにはタトゥー屋編み込み屋フルーツジュース屋が、
必ずといっていいほどあるもんなんですが、
The Juice Houseもご多分に漏れずパッカー的な男女がグダッとしております。
なんでもこのお店自体がゲストハウスをやっているんだとか。
201611The_juice_house_chiangmai-8.jpg
11月は乾期でいちおうチェンマイの冬にあたる季節ですが日中は30℃を超えます。
あつーい昼間はつめたーいフラッペでも飲んで、日が暮れてから出かけるといいよね。
スポンサーサイト