ナワラート橋の上からコムロイを飛ばしてフロートを流してロイカトーンを堪能しました。[ We celebrated Loy Krethong Festival on the Nawarat Bridge. ]

201611Loy_Krathong-16.jpg
今年のロイカトーンは11月14日でした。
ロイカトーンフェスティバルは毎年11月の満月の日に行われます。
今年はスーパームーンだとかエクセレントスーパームーンだとかで、
とにかく月のキレイな夜でした。

近年はお祝いした後に川の魚のえさになるフロート人気です。
アイスクリームコーンでできたフロート、30バーツ。
201611Loy_Krathong-14.jpg
フロートはナラワート橋の北側の緑地から流します。
暗いところで見ていると気がつきませんが、ピン川は茶色です。
山から流れてきているので泥水なんだそうですが、
実際はミネラルいっぱいの茶色い水なのか、単純に汚れているのかは分かりません。
201611Loy_Krathong-11.jpg
コムロイはナワラート橋から飛ばします。
いつもはこの橋の上はコムロイを飛ばす人でひしめいていますが、
今年は王様の喪中期間ということで人は多いけれどコムロイはほとんど上がっていません。
201611Loy_Krathong-10.jpg
そもそもコムロイを売っている露店が1軒もでていないので、
買うことができないから、飛ばすこともできないという・・・。
コムロイ屋さんがいないので、道ばたでコムロイを売る人が出現。
1コムロイ100バーツです・・・高い・・・
だけども飛ぶように売れています。
201611Loy_Krathong-15.jpg
それでも飛ばしたいコムロイ!
100バーツで1個買って、スーパームーンが輝くチェンマイの空に飛ばしました。
201611Loy_Krathong-13.jpg
ピン川の周辺は大混雑・大渋滞です。
帰るに帰れなくて結局トゥクトゥクに乗って宿まで帰りました。
ピン川から宿まで200バーツ。
超ぶっとばし系のトゥクトゥクの車窓から、
混雑していないロマンティックなロイカトーンポイントを見つけました。
201611Loy_Krathong-17.jpg
北の方にあるラタナコシン橋というところ。
混雑していないし、橋の下流の川がカーブしているので、
キャンドルが灯されたフロートがたくさん座礁しててキレイです。
と、こ、ろ、で・・・
コムロイやフロートがその後どうなるか気になりませんか?
201611Loy_Krathong-12.jpg
燃料が燃え尽きると落ちてきます。
それはそれはゆっくりゆっくりと落ちてくるうえに風に流されるので、
コムロイを飛ばした地点には落ちてこないけれど、道や民家や川などに落ちてきます。
たまに火がついたままのコムロイも落ちていることがあります。
しかしチェンマイに「コムロイによる火災保険」があるのかは知りません・・・
201611Loy_Krathong-18.jpg
フロートを流している下流に行くと・・・
もちろんフロートがゴミにひっかかってさらなるゴミになっています。
なんだかせつないね。
こーゆーの見ちゃうとやっぱりアイスクリームコーンやパンでできたフロートを
流す方が魚のえさになっていいのかなって思いました。
以上、ロイカトーンフェスと”祭りの後”でした。
スポンサーサイト