iOS10でiPhone6のカメラをミュートできるってきいたのでさっそくiOS10にアップデートしてみた。[ I can get "Mute Camera" on my iPhone6 of Japan Apple made. Maybe it's OS bugs on iOS10. ]


iOS10.0.1でカメラの音を消すバグが見つかった!という朗報ですが、
そもそも日本で買ったiPhoneだからシャッター音消せないダサい仕様なんだけど、
日本のAppleで買っちゃったもんはしゃーないので、
この際バグでもなんでもいいからシャッター音消させてください。
201609Apple_iOS10_update-1.jpg
というわけで、いつもなら新しいOSがいつのまにやらダウンロードされてて、
アップデートしてください、してください、してくださいと1週間くらい言われないとやらないのに、
自らiOS10.0.1を迎えにいってみます。
201609Apple_iOS10_update-2.jpg
なんとまぁ、OSのダウンロードに48分もかかるんですって。
ちまたでは失敗すっからiTunes経由でやれだの、文鎮化すっから様子見ろだの、もっぱらの話題です。
失敗しちまったらジーニアスバーのイケメンに会いにいけばいいだけのお話です。
201609Apple_iOS10_update-3.jpg
ダウンロードが終わっても、まだアップデートには至りません。
なんだかiPhoneが準備をしているそうな。
準備が整いしだい、インストールナウ!です。
201609Apple_iOS10_update-8.jpg
2ファクタ認証ってのをヤルって言ったら電話にSMSが届きました。
この6桁の数字をAppleID使うたびに入力するんだとかなんとか。
201609Apple_iOS10_update-4.jpg
携帯電話に送られてきたコードを入力してAppleIDがワークし始めました。
iOS10.0.1にアップデート完了です。
201609Apple_iOS10_update-5.jpg
で、話題のアシスティブタッチでカメラのシャッター音を消す方法です。
もともとiPhone4のホームボタンの感度が驚くほど鈍くなった時から、
アシスティブタッチをホームボタンとして使っていたのでお手の物です。
あ、スクリーンショットではアシスティブタッチのボタンが写りません・・・。
とにもかくにもアシスティブタッチボタンにボリュームキーを割り当てて、
ミュートにしてから写真を撮ればシャッター音ならない!っていう仕組みです。
参照:iOS 10のiPhone、シャッター音消す方法見つかる
さらには16GBのiPhone6の空きが増えて万々歳です。
201609Apple_iOS10_update-9.jpg
ところで外国で買ったスマートフォンは、
「デバイスの物理的オンオフでカメラのシャッター音を消すことができる」
と思っていたんだけれど、どうやら最近そうではないらしいのです。
なんでもシャッター音設定がSIMカード由来なんだとか・・・
つまりは日本国内仕様のSIMカード入れるとシャッター音出る仕様になる。
なんじゃそりゃ。
日本ってさ、気味の悪い国だよね・・・音を出すことで規制するとか意味無いよね。
参照:XperiaM5等の海外製SIMフリー端末のシャッター音を消す方法
201609Apple_iOS10_update-10.jpg
いまのところiPhoneはデバイス由来なのでSIMカードに関係なく、
わたしが自分のiPhoneに香港のSIMカード入れたってシャッター音鳴りまくりですが、
外国で購入したiPhoneの場合は日本国内仕様のSIMカードでも消音仕様にできます。
iOS10.0.1のカメラ消音も次のリリースでは改悪修正されてしまうだろうから、
ここはやはりバンコクか香港あたりで新しいiPhoneを買ってくるのがよろしいかと!

追記:iOS10.0.2が9月30日からダウンロードできるようになりました。
iOS10.0.2でもアシスティブタッチを利用したシャッター音のミュートは可能です。

追記:10月25日から配信されているiOS10.1ではシャッター音のミュートは無効です。
やっぱり日本向けiPhoneでは上記の機能はただのバク扱いだったようです。
スポンサーサイト