食文化はイコール自分史だ。バナナカステラとイトメンのことを想う。[ The food culture is my identity! ]


日本なんて小さな国だと思ってたら喰ってるものが全然違って驚くことがしばしばある。
関東では売ってないというか、存在さえ知らないって言われる物が多々ある。
三日月状のカステラにBANANAと書いたこのおやつも関東ではメジャーではない。
201607BANANA-5.jpg
バナナカステラ食べたいな〜と思ってたある日、偶然スーパーマーケットで見つけた。
そう、越谷レイクタウンのマルエツは時折こうやって地方出身者を驚かすのだ。
超ニッチな囲い込みではあるが、そんなマルエツがたまらなく好きだ。
201607BANANA-2.jpg
実はこんな大袋のバナナカステラを見たのは生まれて初めてだ。
バナナカステラと言えばたいがい2本1セットになって透明な袋に入っていた。
しかしこのバナナカステラ、
BANANAって書いてある面に見事に乾燥剤が入っている。
いいのかこれで?
201607BANANA-3.jpg
ちっこいころから慣れ親しんだ大好きなおやつだ。
なつかしい。
死んじゃったじーちゃんやばーちゃんを思い出して泣きそうになるわ。
201607BANANA-4.jpg
バナナカステラの中には白あんが入っている。
バナナっぽく味付けされていて甘いフルーティーな匂いもするんだぜ。
関東で出会えると思っていなかったから大感激だ。
201607ITOMEN-1.jpg
イトメンも関東ではほぼ売っている店が無い。
と書きながら買ってるじゃないかと思うなかれ。
イトメンと言えばちゃんぽんめんだが、そのちゃんぽんめんが無いのだ。
変わり種のとり野菜みそなど他のメーカーが作っていないようなものにしか、
出会ったためしがない。
201607ITOMEN-2.jpg
「イートメーン♪」というあのフレーズもCMが放送されていなかった関東では、
誰もピンときてくれなかった。
みつごの魂ひゃくまで。
わたしの味覚のストライクゾーンは富山から大阪までの狭い範囲だった。

イトメンのことを思いださせてくれた企画がこれ。
同郷の大先輩だ。
あー、イトメンのチャンポンメン喰いてぇ。
スポンサーサイト