益昌大廈!益發大廈!福昌大廈!香港のモンスターハウスを見に行く。[ The photogenic for architecture geeks. Monster buildings in Hong Kong. ]


「集合住宅 in 香港」です。
そもそも香港には一戸建てってあるんだろうか?
地価が世界一高く、高さ100m以上の建物の数も世界一だそうです。
201006architecture_HongKong-10.jpg
5年前くらいから香港に行ってみたいと思っていましたが、
その確たる理由は実は「パイナップルパンの正体をつきとめるため」ではなく、
あの特徴的な香港住宅を見たいがため!でした。
201006architecture_HongKong-11.jpg
念願かなってやってきました。
この写真の奥のカールしている密集住宅。
201006architecture_HongKong-12.jpg
こっち側から見てもカールしています、たまりません。
奥にそびえるのは近代住宅です。
わたしは手前の古い住宅にとてつもない「萌」を感じています。
201006architecture_HongKong-13.jpg
ここです、ここです、ここなんです。
どーしてもここに来てみたかったんです。
201006architecture_HongKong-16.jpg
着いてみればどーってことない集合住宅です。
人が住んでいるのでちょっとした不審者ですワタシ。
201006architecture_HongKong-15.jpg
2枚目の写真からここまでが同じ住宅です。
アメイジング益昌大廈!
201006architecture_HongKong-14.jpg
ついでにこれも同じ住宅の写真ね。
いったいどーなってるんだろうか?
と思ったらちょっと訂正ね。
一個に見えた住宅は益昌大廈と益發大廈と福昌大廈だそうです。
どっちにしてもすげぇや。
201006architecture_HongKong-17.jpg
近代バージョンの高層住宅はこんな感じです。
停電でエレベーターが止まったら家に帰るのを諦めるレベルです。
201006architecture_HongKong-19.jpg
高さだけなら新しいものの方が圧倒的に高いんだけど、
やっぱり古い住宅のカオスっぷりに惹かれます。
201006architecture_HongKong-18.jpg
気になる家賃はワンルームの古い物件で約10万円程度だそうです。
あ、アメイジング・・・
スポンサーサイト