香港の伝統行事「怡和午砲」を見に行く。[ Noon Day Gun is fired every day at noon in Causeway Bay, Hong Kong island. ]


「毎日お昼の12時に空砲をドカーン!と撃つ伝統行事がある」
ときいたので是非見に行きたいと思います。
香港島のエクセルシオールホテルの駐車場の地下から行けるらしい・・・
ぜんぜんどこだか分からないので駐車場の警備スタッフにきいてみたら、
201606NoonDayGun_HK-2.jpg
警備スタッフの待機スペースのすぐ横に入り口がありました。
ここから地下道を通って怡和午砲(ヌーンディガン)が行われる場所へ行きます。
201606NoonDayGun_HK-3.jpg
Noon Day Gun 午砲って書いてあります。
この文字を追って行けばいいってわけですね。
201606NoonDayGun_HK-4.jpg
どんどん歩いて行きましょう。
本日の香港も33℃です。あついです。
201606NoonDayGun_HK-5.jpg
先まで歩けば、海岸沿いに出ます。
あるけーあるけー。
201606NoonDayGun_HK-6.jpg
向こう岸に出ました。
矢印の穴のとこから出てきます。
帰りはまたここから入ってエクセルシオールホテルまで戻ります。
201606NoonDayGun_HK-7.jpg
正午15分前くらいに空砲を撃つおじさんが登場しました。
201606NoonDayGun_HK-8.jpg
手前の柵にピントが合ってしまいましたが、
おじさんが耳栓をつめこんでいます。
怡和午砲を待っている人達に「耳をふさがないと大きな音がするよ」という
ジェスチャーをしてみせたり、なかなか盛り上げ上手なおじさんです。
201606NoonDayGun_HK-10.jpg
正午になると鐘を鳴らし空砲を1発撃ち、再び鐘を鳴らして終了です。
怡和午砲の後は大砲周辺が解放されて中に入って写真を撮ったりできます。
大砲を撃ったおじさんと一緒に写真を撮ってもらいました。
201606NoonDayGun_HK-9.jpg
日曜日でしたが見ている人は15人ほどでした。
見物客が全員大砲の周辺から去った頃に鍵を閉めるようなので、
怡和午砲に遅れて到着したら鍵が閉まってて誰もいないなんてことになっていそうです。
怡和午砲へは正午の15分前くらいに行くのが良さそうです。
スポンサーサイト