2016全日本モトクロス選手権・第2戦埼玉大会・マッドフィッシュデザインズのサポートライダーにサインをもらいに行こう編


貼りたてホヤホヤのフロントプレートを持ってパドック巡りをしています。
コース脇の目立つところにピュアテックのパドックを見つけました。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-15.jpg
マッドフィッシュデザインズの紅一点サポートライダー、
ピュアテックレーシングの神田橋芽選手です。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-16.jpg
ピュアテックレーシングの小方誠選手です。
監督が「PURE TECH」のスペルを間違えないか見守っています。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-17.jpg
続いてN.R.Tのパドックへ。
#122の古賀太基選手と#36の横澤拓夢選手です。
同じポーズでサインを書いてくれました。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-18.jpg
チームサクライの長門健一選手です。
土曜日のスケジュールが全部終了してN.R.Tのパドックに来ていたところです。
日が暮れて見えにくくなってパドックを探し歩くのが困難だったのでラッキーです。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-19.jpg
開けて日曜日のお昼休みです。
レーシングチーム鷹の鎌倉大樹選手です。
カマーが長野に住んでいるっていうのを聞いて、
「神奈川の人だと思ってた!」「それって神奈川に鎌倉があるだけやん!」という
マッドフィッシュ師匠と弟子1号の寸劇でしたが、
カマーに全くウケなかった・・・という悲しいおしらせです。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-20.jpg
ヒート1で表彰台にのぼったチームイトモの小川考平選手です。
疲れを癒すクエン酸たっぷりのグレープフルーツジュースを小脇に抱えて、
サインを書いてくれました。
こうして全日本モトクロス選手権に出場中の選手のサインを集めて、
いよいよ日曜日にはマッドフィッシュデザインズのブースで展示をしよう!
と思っていましたが・・・
2016041617AllJapanMotocrossRd2-21.jpg
暴風です。
サインを飾る余裕など全く与えてくれない大自然の驚異です。
走るライダーも見ている観客も、参加した全ての人が砂まみれ、泥まみれ。
たぐいまれなる悪風の中のモトクロス大会・・・
つづく。
スポンサーサイト