消えろ肝斑!タイで手に入れたトランサミンカプセルで美白を試みる。


パタヤのサーキットでボランティアをしていた時にトイレの鏡を見て驚愕したのです。
ほっぺたにヒルがはりついたみたいなシミができていたのです。
しかし、日本に帰ってくるとヒルのようなシミは薄くなっていって、
そのうちわたしの記憶からも薄れていったのですが、、、
なんだか最近また濃くなってきたわね!ってことでトランシーノです。
たぶんこのヒルのようなシミは肝斑であると思われます。
201604TranexamicAcid-2.jpg
トランシーノは1日4タブレット、トラネキサム酸を750mgづつ摂り続け、
8週間をワンクールとして肝斑の治療をする薬です。
結論から言いますね、これは効果のある薬です。
しかし、なかなか買うのが大変でした。
201604TranexamicAcid-3.jpg
近くのマツキヨには薬剤師さんが駐在していて1類の薬を買うことができました。
なぜマツキヨでなければいけないのかはマイレージプログラムの、ごにょごにょ・・・
とにかくマイル貯まるんでガツンと8週間分買ったわけです。
トランシーノ2は240錠(8週間分)で6300円(税別)です。
201604TranexamicAcid-4.jpg
というわけでタイランド。
トランシーノ2とはずいぶんイメージが違う黄色いパッケージですが、
第一三共が作っていると言う点では同じなのです。
トラネキサム酸の含有量が1カプセル250mg、それが100カプセル入っています。
1日に1〜2カプセルを3回飲みます。
201604TranexamicAcid-5.jpg
1カプセル3回(トラネキサム酸750mg)で約30日。
気になるお値段は400バーツ弱(約1200円)です。
安い・・・トラネキサム酸の量だけで考えたら価格は約1/3です。
というのもトランシーノ2にはトラネキサム酸以外にLシステインやアスコルビン酸が
入っているので、それだけ飲んでいれば肝斑以外のシミにもちゃんと効くのです。
一方トランサミンカプセルはトラネキサム酸だけが入っています。
201604TranexamicAcid-6.jpg
ちょっとギョッとするような色合いです。
とにもかくにも、トランシーノ2が終わったらこっちを使ってみます。
Lシステインとアスコルビン酸は大量に薬箱に入っているので問題なしです。
別々に摂取することを思うと価格うんぬんよりも、
トランシーノ2が優れている気がしてなりません。
スポンサーサイト