JR山手線と中央線でめぐる早ぽちHuckのミッション攻略法。


ひきつづき早ぽちHuckシリーズの攻略です。
今回はJRの一日乗り放題チケットを使ってJRの駅から攻め込んでみた次第です。
20160222ingress-8.jpg
早ぽちHuckのミッションが存在する駅はザックリとこんな感じです。
イングレス色●に塗ってあるところです。
厳密に言うと京葉線の八丁堀駅と総武線の両国駅が抜けています。
東京駅で京葉線に乗り換えようと思うと果てしなく歩かなきゃならないので、
今回は割愛させていただきました。
地下鉄の駅に比べて改札口の選択肢の少ないJRは田舎者には簡単であろう!
というか地下に埋もれていないのでスキャナも常にオンラインにできるであろう!
では!浜松町からスタートです。

・はまっちょ(浜松町):JR北口
・めぐろ(目黒):JR西口
・えびす(恵比寿):JR西口
・しぶや(渋谷):ハチ公口(駅の改札から出ないでとれました。)
・よよぎ(代々木):JR西口
・Tばば(高田馬場):早稲田口
・めじろ(目白):改札の場所はいっこだけ、出たら右手から駅方面へ
・(池袋):JR西口(人ごみが嫌だったのでまだ解除していません。)
・おーつか(大塚):JR南口
・すがも(巣鴨):JR北口
・こま込(駒込):出口はいっこしかないので改札出たら両側にポイントあり
・Wにぽ(西日暮里):交番側へ。急な坂道を上って行く必要があります。
・うえの(上野):広小路口(前々回解除済み)
・あきば(秋葉原):電気街口(前々回解除済み)
・かんだ(神田):JR北口(前回解除済み)
・(東京):JR中央口(未解除)
・(有楽町):JR中央口(未解除)
・(新橋):日比谷口(未解除)

・よつや(四ッ谷):JR四ッ谷口
・いちがゃ(市ヶ谷):(駅の改札から出ないでとれました。)
・いいだ(飯田橋):JR北口(JRの駅からはけっこうあるきます。)
・すいどっぱ(水道橋):JR東口(JRの駅からはけっこうあるきます。)

JR山手線と中央・総武線で解除する早ぽちHuckシリーズ、
あと4個くらいがんばれなかったの?と思わなくもないですが、
雨で傘をささなきゃいけないっていうのが思いのほかストレスフルでした。
20160222ingress-3.jpg
トレッカーは8kmです。
たいしたことない距離ですが、やっぱり敗因は雨ですかね。
20160222ingress-2.jpg
パイオニアもたった32個。
敗因は雨!
20160222ingress-1.jpg
ハッカーも203どまりです。
ハッカーが203なのにエクスプローラが204というアメイジング。
20160222ingress-6.jpg
なんてコトは無い、距離を見たら一目瞭然です、開始が657kmです。
スクリーンショット取るのを忘れて前回の早ぽちHuckのときのを流用です。
つまり本日は203です。
ハッカーとエクスプローラが同数という、さすがは東京都内!
というか「田舎者、東京でイングレスするの巻」という感じです。
20160222ingress-4.jpg
活動時間7時間のうち、正味4時間ほどをイングレスにあてていたと思われます。
本日のパケット消費は213MBどまりでした。
はやり敗因は雨ですね。
あと、朝起きるのが遅かったことと・・・。
それにしても、iijmioは朝起きると1MB減るのはいったいなんでしょうか???
じぶんちのWi-Fiに包まれているのに・・・あぁなぜだろう?なぜだろう?
20160222JR-East_Pass-3.jpg
今回、お世話になった切符はコレです。
都区内パス、大人750円。
20160222JR-East_Pass-1.jpg
JRの駅にポスターが貼ってあったりするので知っている人も多いかな?
フリー区間内の券売機で買えるのでとても便利です。
いちいち改札を通る時に切符を用意しなきゃいけないのが面倒ですが、
今回は16回出入りをしたのでSuicaを使うと2000円以上になってしまいます。
20160222JR-East_Pass-4.jpg
都区内パスはイングレスのミッションに使っている人よりも、
ウルトラマンスタンプラリーに使っている人の方がはるかに多そうです。
20160222JR-East_Pass-2.jpg
では、今回いちばんつらかった雨の西日暮里の急坂です。
写真で見るとどーってことないような坂ですが、
実際に歩くと「マジか!」ってなります。
エンジョーイ早ぽちHuck!

関連記事
IngressのMission早ぽちHuckシリーズの駅別出口攻略
1日みっちりとIngressするとパケットはどのくらい消費するの?第2弾(2016/02/08)
1日みっちりとIngressするとパケットはどのくらい消費するの?第1弾(2014/12/14)
スポンサーサイト