おいしいジャムと良いクラッカーと粗悪なクラッカーの話。[ Goodmorning. about my breakfast... ]


カルディパトロールはわたしたちの楽しみであり、すでに日常です。
カルディコーヒーファームに新入荷しているおいしそうなものは無いか?
いいのありました。
201602KALDI_BESTBUY-2.jpg
原材料がいちご🍓と砂糖とレモン果汁だけのいちごジャムです。
なのに469円とは格安でございます。
201602KALDI_BESTBUY-1.jpg
大好物のHeroのラズベリージャムのパッケージが変わっていました。
ラズベリー模様だったフタがただの青いフタになっています。
これで全種類のジャムを共通のジャーでパッキングするというローコスト対策ですね。
ちょっと残念です。
ジャムを食べるモノと言えばコルッシのクラッカーが不可欠ですね。
201602KALDI_BESTBUY-3.jpg
コルッシクラッカー&ラズベリージャム、解禁です。
コレを食べるとあごにニキビができます。
2012年これを主食にしていた頃はあごニキビは繁栄の一途をたどっていました。
あごニキビに用心してお召し上がりください。
201602KALDI_BESTBUY-4.jpg
フレッタチェレスティーナ・ストロベリースプレッドの色はこんなです。
いちごと砂糖とレモン果汁だけというだけあって、くすんだピンクです。
ばーちゃんがつくってくれたイチゴジャムってこんな色でしたね。
201602KALDI_BESTBUY-5.jpg
ジャムというよりはイチゴソースくらいの柔らかさなので、
ヨーグルとに入れたり、スムージーに入れるとうまいですよ、きっと。
糖度は高くなくて、酸味が強めです。
ジャムの話はさておき、クラッカーも重要な要素です。
201602AEON_Never_buy_it-1.jpg
最近買って大失敗だったのがイオン・トップバリューのクラッカーです。
なにがいけないって、
ほとんどのクラッカーが割れている!
というか、クラッカーそのものが薄いのか柔らかいのか、とにかくもろい。
ジャムを塗ろうとするとさらに持った手の上でザクッと割れます。
なんじゃい、これは!
製品がもろいだけじゃなくて、パッケージングにも問題があります。
箱の中で小分けの袋に入ったクラッカーが移動できるのです。
みっちり入っていないので、自由自在に動きまわれるのじゃ。
これはいけません。
201602AEON_Never_buy_it-2.jpg
韓国からの輸入品でした。
そりゃ長旅ですもの、あっちに揺られこっちに揺られ割れ放題です。
むしろ割れていないクラッカーが1枚でも入っている方がミラクルです。
クラッカーのなんたるかをイオンは勉強しなおしてこい。
クラッカーで余計なストレスを貯めないためにも、
コルッシのクラッカーを買おうと思いました。
スポンサーサイト