ジビエキッチン、クマ肉の焼肉をつくってみよう![ gibier cuisine ~ I wanna cook gibier BBQ but... I mistook to choose ...speaking mumblingly... ]


おひさしぶりのジビエキッチンです。
クマ肉というのはかたい。
ならばパイナップルの酵素で柔らかくしてクマ焼肉にしよう!
201512gibier_kitchen-2.jpg
※鋭い人はわたしの大きな間違いにもうお気づきでしょうが、
 どうかどうか最後までおつきあいくださいますようお願いします。

201512gibier_kitchen-3.jpg
さらに最強の焼肉タレといえばエバラ黄金の味。
クマ肉を漬け込みます。
201512gibier_kitchen-4.jpg
クマ肉はくさい。
レッツお日様の下でクマ焼肉!
P-153とライテックのフライパンを持って河原へ。
201512gibier_kitchen-5.jpg
よく漬け込まれております。
おいしいでしょうか?
201512gibier_kitchen-6.jpg
クマ焼肉、開始!
ぽかぽか陽気で最高ですね。
201512gibier_kitchen-7.jpg
他人目線で見れば、そうとうシュールです。
焼いている肉の種類をきけば、なおさらのことシュールです。
201512gibier_kitchen-8.jpg
いい感じに焼き上がってきました。
やっぱ、ちょっとにおう???
201512gibier_kitchen-9.jpg
焦げ目がつくくらいが旨いであろう。
ライテックのフライパンが優秀すぎてなかなか焦げ目がつきません。
201512gibier_kitchen-10.jpg
焼けた。
さ、いただいてみましょうか。
201512gibier_kitchen-11.jpg
あれ?ちょっと柔らかすぎますね。
パイナップルに漬け込みすぎましたか?
あれ?この味・・・
最初っから気がついてて、ここまで読んでくれた人、ありがとう。
わたしは重大なミスを犯しました。
これはクマ肉ではなくクジラ肉でした。
これはクマ肉ではなくクジラ肉でした。
オーマイグッドネス!
なにがジビエキッチンだ、このやろめ。
食材を間違えてんじゃねーぞ、クソボケが。
と、自分で自分を罵倒です。
そして冷凍庫の中を確認したら・・・
201512gibier_kitchen-12.jpg
あーーーーーー!!!!!!
あるわ、クマ肉あるわ・・・。
201512gibier_kitchen-13.jpg
そうです、クマ肉といえばあの分厚い脂が特徴敵なお肉です。
解凍した時点で「脂のこと少ないな・・・」とは思っていましたが、
わたしが調理したのはクジラ肉でした。
なんてこったい。
というわけでジビエキッチン2回目はこれにて終了です。

関連記事
ジビエキッチン [ クマ肉トマトシチュー ]
スポンサーサイト