はじまりとおわりを知っているペン [ + Story Cubes + ]

むかしむかしのお話です。
どのくらい昔のことかと言いますと、
のちの定規とよばれる道具を使って描いた直線か、
もしくは手が動きのままに規則性のないよれよれとした線しか
描くことができなかった頃のおはなしです。

ある日アドさんはAiという模様のついた箱を拾ってきました。
家に帰って開けてみると中にはペンが入っていました。
ペンで描こうにも、どうにもこうにも普通には描くことができません。
このペンで描くには、はじまりとおわりを決めてからでないといけないようです。
新しい描き方にアドさんは心を奪われたかのように、
左も右も忘れるほどに、
くりかえし、くりかえし、描き続けました。
今までは描くことが困難だった真円や、
描いたものをまっすぐ並べることさえ簡単にできてしまいます。
アドさんは目が白ウサギのように真っ赤になるまで描きました。

I can draw everything! POSSIBLE! PERFECT!

もはやAiの箱から取り出したペンをもったアドさんに描けないものはありません。
Aiの邪術にとらわれてしまったアドさんはいつまでもいつまでも描き続け、
もはや自分の意志ではそのペンを離すことはできなかったそうです。

20151101Story_Cubes-3.jpg


と、キューブ状のものがならんでいると
ついついうっかりストーリーを紡いでしまう現象。
それがストーリーキューブスです。
20151101Story_Cubes-2.jpg
9個のサイコロを転がして、
出た絵からストーリーをつづっていくという
とってもシンプルで楽しいオモチャです。
20151101Story_Cubes-4.jpg
さわりだけ体験してみたいな〜と思う人はiPhoneアプリがありますので、
おはなしを作ってみてはいかがでしょうか?
いまのところ、英語版しか無いようです。
https://www.storycubes.com/apps
App Store:Rory's Story Cubes
スポンサーサイト