バオロック蓮茶を美味しく淹れる方法。[ How to make YUMMY Lotus tea? ]


「HOA SEN」はベトナム語でハス茶のことです。
わたしはハス茶が好きです。
写真の「バオロック蓮茶」は、なんとなんと!
カルディコーヒーファームで151円(税別)で売っております、爆安です。
しかし淹れるのにちょいとコツが必要です。
「ハス茶安いんで買ってみたけど美味くないんだよね」って人は、
わたくしめが美味しい淹れ方を伝授いたします。
201509HOA_SEN_Lotus_tea-2.jpg
まず、ハス茶の茶葉をティーパックにいれます。
驚くかもしれませんが、
お湯1リットルにたったこれだけの茶葉しかつかいません。
201509HOA_SEN_Lotus_tea-3.jpg
5ccの小さじに、たったこれだけの茶葉です。
少なすぎると味が出ませんが、
多すぎると苦くて苦くてそりゃもう飲めたもんじゃないので、
慣れるまでは5ccの小さじで計って準備してください。
201509HOA_SEN_Lotus_tea-4.jpg
お湯を沸かします。
T-falは0.8リットルしか沸かしちゃいけないことになっています。
本当はこんなに水を入れちゃダメです。
でも1リットル沸かしたいのです。
201509HOA_SEN_Lotus_tea-5.jpg
実は1リットルの湯を沸かすことができます。
あふれかえったり、フタが蒸気であいちゃうこともありません。
が、おススメは決してしません。
201509HOA_SEN_Lotus_tea-6.jpg
1リットルの湯が入る耐熱容器に、
ティーパックとお湯を入れます。
201509HOA_SEN_Lotus_tea-7.jpg
そのまま一晩放置します。
明日の朝にはおいしいハス茶ができあがっています。
201509HOA_SEN_Lotus_tea-8.jpg
できあがり〜。
常温なので氷を入れていただきます。
できあがったポットのまま冷蔵庫で冷やして飲んでもおいしいです。
おいしいハス茶の基本は「びっくりするほど少しの茶葉で!」です。
スポンサーサイト