CRF450Rスーパーモタード車ができるまで、其の五「古いグリスを洗い流す編」[ The Making of Supermotard CRF450R Vol.5 ]

20150808CRF450_maintenance_and_modify-9.jpg
ピッカピカになったフレームにさっそく、
レスポンスモディファイのサスペンション付くか?!
と思われたが、各所の清掃とグリスアップが先です。
トップブリッジをはずしたとこ。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-10.jpg
アンダーブラケットもとりはずしました。
ほら、よく見える。見通しが良い。幸先が良い。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-11.jpg
ギリギリな感じのCRF450R、ほぼエンジンのみ。
どうか地震が起きませんように・・・どうかどうか・・・。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-12.jpg
これらのパーツを灯油で洗浄します。
古いグリスを洗い流します。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-13.jpg
洗う前。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-14.jpg
ニードルベアリングをパーツクリーナーのフタに入れて、
マラカスの様にシャカシャカと洗う方法を発見して喜びにわいているところ。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-15.jpg
ニードルベアリングをバラしたら、必ず新品で組み直すようにと、
しつこいほどにサービスマニュアルに書いてありました。
「新品の」「新品の」シ ン ピ ン の ッ!
もはや、ニードルベアリングの枕詞は「新品の」です。
洗ったことはナイショです。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-16.jpg
ワコーズのピンクグリスをたっぷりまとって、生き生きしています。
20150808CRF450_maintenance_and_modify-17.jpg
洗い終わってキレイになったパーツ達。
このあと、ピンクグリス祭りへと突入します。
つづく。
スポンサーサイト