カルディコーヒーファームのアヒージョシーズニングでアヒージョを作ってみた。[ Let's cook Ajillo using by ajillo seasoning of KALDI coffee farm. ]


またまたかゆいところに手が届く的な僕らのカルディファームから、
「アヒージョシーズニング」です。
アヒージョなんてモノは、
シーズニングなんぞ無くとも作れる代表格みたいな料理ですが、
勢いで買ってしまったアヒージョシーズニングを試しに使ってみたいと思います。
20150516ajillo_seasoning-2.jpg
「おこのみのたけ」「たけ!」「たけ、買いに行かねば!」
と大喜びしていましたが「茸」は「きのこ」と読むそうです。
20150516ajillo_seasoning-3.jpg
お好みのキノコを3種類、用意しました。
ひらたけ、エリンギ、マッシュルームです。
20150516ajillo_seasoning-4.jpg
きのこの量が多いので、
2袋入ってるシーズニングを2袋とも使用します。
20150516ajillo_seasoning-5.jpg
キノコがもりあがってオリーブオイルからはみ出しています。
火にかけているうちに、沈むだろうと期待して・・・
20150516ajillo_seasoning-6.jpg
アヒージョ用の小さい鍋が無いのでクッキングボウルを使いました。
陶器でできたアヒージョ鍋が欲しいですね。
20150516ajillo_seasoning-7.jpg
いい感じにオリーブオイルの中に浸っています。
エビはもっと大ぶりのものを使わないと、
ドコに入っているのか分からなくなるということが判明しました。
20150516ajillo_seasoning-8.jpg
ワンコインワインの女王アルパカワインと共にいただきます。
カルディのアヒージョシーズニング、絶妙な塩味でとてもおいしいです。
そして定番のマッシュルーム以上にヒラタケが旨かったです。
ワインはチリ産、カセットコンロと箸、、、
たとえスペインの風が吹いてきても、どうにもこうにも日本ぽい食卓です。
おしまい。
スポンサーサイト