2015スパゲッティ一1番旨いのどれだ頂上決戦!その四。[ Which is the most YUMMY-est spaghetti ? Vol.4 ]


「2015スパゲッティ一1番旨いのどれだ頂上決戦」ですが、
想像した通りの状況に、すこしばかり満足しています。
ちょっとづつ手をつけたスパゲッティが盛り上がる現象。
20150503aglio_olio_e_peperoncino-2.jpg
いよいよ、その中から太さが同じものをピックアップして、
一緒に使ってしまおう大作戦。
「2015スパゲッティ一1番旨いのどれだ頂上決戦」というタイトルすら、
もうどうでもよくなってきています。
20150503aglio_olio_e_peperoncino-3.jpg
1.6mmのスパゲッティーで作るペペロンチーノ。
どちらも1.6mmですが、茹で時間の表記が違うとか、ナゼ?
20150503aglio_olio_e_peperoncino-4.jpg
見た目もずいぶん違います。
ディチェコはザラザラ、プロッシモはツルツルです。
20150503aglio_olio_e_peperoncino-5.jpg
Pasta aglio, olio e peperoncino !!!
2種類のスパゲッティーでペペロンチーノ。
混ぜてあっても、1本づつ食べるとどっちか分かるおもしろさ。
そして、どっちもうまいというオチの無さ。
20150503aglio_olio_e_peperoncino-7.jpg
今度は全粒粉のスパゲッティとふつうのスパゲッティで作ってみた。
全粒粉のスパゲッティは通常のものより濃い茶色なので、
「素麺の中にピンクや水色の素麺が5、6本入ってて涼しげなイメージ」
みたいになるかしら?と思ったんですが、
基本的に茶色くてよく分かりません。
水色矢印が普通麺、青色矢印が全粒粉です。
20150503aglio_olio_e_peperoncino-6.jpg
そしてやっぱり、うまい、という落としどころの無い感じです。
個人的には全粒粉よりもふつうのセモリナ粉のスパゲッティが好きです。
ザラザラよりもつるっとした麺が好きです。
そして、茹で時間が違うスパゲッティを使っても、
まとめあげてくるシェフの腕前を、
ペペロンチーノ初段から2段に昇格してあげてもいいかと思いました。
スポンサーサイト