断捨離という言葉と行為について。


狭い日本の住宅事情を背景に、
現れては消え、現れては消えを繰り返す自称収納の達人。
なんだか今も居るそうです、話題の収納の達人的な詐欺まがいの人気者が。
20150501the_wonderful_mess_world-4.jpg
だいたいにして、誰が狭いって言いましたか?
好き好んで狭い家に住んでるわけですよ、こちとら。
掃除機かけるだけで1時間以上かかるようなデカイ家に住んだことあんのかてめぇ、
と言いたくなるわけですよ。
狭い家に工夫して住むのが嫌だったらデカイ家に住めばいいだけのことですよ。
モノをすてるくらいなら「動かない拠点」を棄てる脳を先に養えば良いと思います。
20150501the_wonderful_mess_world-1.jpg
世界はめちゃくちゃだからおもしろい。
必要最低限にまとめられた世界におもしろさなんか見いだせない。
だからといって粗悪な均一価格の商品をどんどん買えと言っているのではない。
価値相応価格の自分の好きなものを、必要なものを増やすことは、
まったくもって正義である。
20150501the_wonderful_mess_world-5.jpg
異国の謎めいたアイテムが飾ってあったっていいじゃないか。
粗悪な均一価格のゴミを買う人と、
声高らかに断捨離を宣言する人はイコールである場合がほとんどだ。
今からモノを減らそうかというときに、詐欺めいた内容の断捨離の本を買う行動。
うまく収納するかのように見せかけて、粗悪な均一価格の収納グッズを買う行動。
それに疑問を持たない白痴が経済の末端をになってくれていることに感謝です。
20150501the_wonderful_mess_world-3.jpg
わたしはここに売っている安っぽい花柄のエナメルポットを、
自分のキッチンに置けるだけ置きたいと思うから、
必要最低限の道具を携え生きて行く遊牧民族に心からのリスペクトを贈ります。
陳腐な断捨離を唱える人々は、遊牧民族に土下座しても泣いて謝っても許されません。
20150501the_wonderful_mess_world-6.jpg
ごちゃごちゃは好奇心です。
断捨離を唱える詐欺師が居ること自体も、ごちゃごちゃな世界の一環です。
ごちゃごちゃは世界です、人です、生きていることです。




つまりは、ただ単純に、嫌です、笑。
スポンサーサイト