MacBook ProとAQUOSをつないで、大きな画面で動画を見たい!Thunderbolt to HDMI 編。


LivestreamでAMAスーパークロスを観戦するのが日曜日の楽しみです。
なんだったら、テレビで見たいな、テレビで!
20150426Thunderbolt_to_HDMI-10.jpg
マックからAQUOSに出力してやろうと思って買ってあったケーブル。
1ヶ月以上放置しましたが、
やっとなんとかしてやろうという気が起きました。
20150426Thunderbolt_to_HDMI-2.jpg
ケーブルの片方をAQUOSのHDMIポートに差し込む。
地上波なんて下水のカスのようなものは見ると脳が腐りますよ。
地上デジタルのアンテナ入力が無いテレビも売ればいいのに、と思います。
20150426Thunderbolt_to_HDMI-3.jpg
ケーブルのもう片方をMacのいなずまマークの場所に差し込む。
Thunderbolt(サンダーボルト)なので、まさにイナズマの図柄です。

NO!映らない!
テレビの画面に何も反映されない!


20150426Thunderbolt_to_HDMI-4.jpg
AQUOSにはもういっこHDMIポートがあったな。
いっこダメなら、もういっこ!
(どーゆー違いがあるのかは、この際ムシする方向で)
やんわりつながったら、
システム環境設定でテレビの立ち位置を決めてあげよう。
20150426Thunderbolt_to_HDMI-7.jpg
システム環境設定のディスプレイサウンドを設定します。
まずはディスプレイを設定しましょう。
20150426Thunderbolt_to_HDMI-9.jpg
わたしが教えたわけでもないのに、
MacはつながってるテレビをSHARP HDMIと正しく認識しています。
すごいな、おい。
調整の項目のディスプレイをミラーリングにチェックを入れる。
すると、やんわりつながってただけのテレビ画面が、
MacBookに表示されている画面と全く同じになりました。
20150426Thunderbolt_to_HDMI-8.jpg
続いてサウンド出力SHARP HDMIにする。
これでテレビのスピーカーから音が出るようになりました。
20150426Thunderbolt_to_HDMI-5.jpg
大成功です。
これで、ねっころがってスーパークロス観戦ができます。
MXGPのyoutubeハイライト動画だって32インチで見れます。
大満足です。
スポンサーサイト